全870文字
PR

ICTを活用することで鉄道やバス、タクシー、シェアサイクルなどのさまざまな移動サービスを統合して管理し、個々の利用者の移動ニーズに合わせてスケジュール確認から予約、支払いまでを一貫してできるサービス。

 MaaS(Mobility as a Service、マース)は、利用者ごとの異なる移動ニーズに対して、複数の交通機関を最適に組み合わせて、検索から決済までを一貫して提供するサービスを指す。鉄道、バス、タクシーなどの公共交通機関に加え、レンタカーやシェアサイクルなどさまざまな移動サービスが連携する。MaaSの具体例としては、現在の経路検索サービスがさらに多くの移動サービスと連携し、検索結果からそのまま各サービスを予約し、支払いまで済ませられるようにするといったものが考えられる。

 このMaaS実現の鍵となるのは「データ連携」「キャッシュレス」「インフラ整備」「新型輸送サービスの推進」といった取り組みで、いずれもICTの活用が欠かせない。例えばデータ連携では、事前に決められた時刻表ベースの静的なデータだけでなく、タクシーやシェアサイクルなどの位置や利用状況といった常に変化する動的なデータも、モニタリングして連携させる必要がある。

 また、新型輸送サービスの推進では、AI(人工知能)技術の発展が重要だ。例えば、目的地の異なる複数の利用者が乗り合うバスとタクシーの中間のようなオンデマンド交通では、その都度、異なる最適なルートを見つけ出さなくてはならない。自動運転車を使ったライドシェアサービスでは、AIによる自動運転技術の向上が不可欠だ。

 MaaSでは、単純に目的地までの移動にとどまらず、買い物や医療といった交通以外のサービスとの連携も目指す。これにより、すでに日本が突入している超高齢化社会における移動の利便性向上や、過疎地域の課題解決を図る。また、自動車や観光といった産業にも大きな影響を与える可能性があることから、国土交通省や経済産業省を中心に基盤整備が進められている。民間企業によるさまざな実証実験も積極的に行われている。

日産自動車とNTTドコモは2021年秋、MaaSサービスの実証実験を横浜市で実施した。自動運転車両をアプリで配車予約し、目的地まで移動する
日産自動車とNTTドコモは2021年秋、MaaSサービスの実証実験を横浜市で実施した。自動運転車両をアプリで配車予約し、目的地まで移動する
[画像のクリックで拡大表示]