全897文字
PR

 マウスとキーボードをiPadとMac間で共用する機能。Macに接続したキーボードとマウスを使って、iPad側に文字が入力できるほか、端末をまたいだファイルのドラッグ・アンド・ドロップ操作などが可能。

 macOS 12.3以降を搭載した「Mac」と、iPadOS 15.4以降を搭載した「iPad」間で、キーボードやマウス、トラックパッドを共用する機能。Mac側のキーボードやマウスを使って、iPadに文字を入力できる。逆にiPadでペンを使って作成したイラストを、Macで作業中の文書に貼り付けられる。ワイヤレスで連携でき、MacやiPad同士でも可能だ。

iPadで作成したイラストを、Macで作業中のファイルにドラッグ・アンド・ドロップで貼り付けている様子(アップルの報道資料を基に作成)
iPadで作成したイラストを、Macで作業中のファイルにドラッグ・アンド・ドロップで貼り付けている様子(アップルの報道資料を基に作成)
[画像のクリックで拡大表示]

 また、ドラッグ・アンド・ドロップ操作でファイルを相互にやり取りしたり、端末をまたいでクリップボードのデータをコピー・アンド・ペーストしたりできる。

 ユニバーサルコントロールを利用する際、最初にそれぞれの画面の位置を設定する。例えば、iPadを右に、Macを左に設定した場合、Macの画面上にあるマウスポインターを右に移動し続けると、そのままポインターがMacの画面を通り抜け、右側のiPadの画面上に現れ、iPad上でMacのマウスやキーボードを使った操作ができるようになる。

 Windowsでも利用できる同様の機能として、周辺機器メーカーのロジクールが提供する「Logicool Flow」がある。同社のキーボードやマウス専用のソフトで、最大3台のパソコンと連携できる。端末をまたいだテキストやファイルのコピー・アンド・ペーストにも対応する。WindowsとMac間でも動作する。

 2022年3月に発表された富士通クライアントコンピューティングのWindowsタブレットパソコン「FMV LOOX」シリーズが搭載する「クリエイティブコネクト」も同様の機能だ。ほかのパソコンとUSB Type-Cケーブルで接続すると、そのパソコンのキーボードやマウスを使ってLOOXを操作したり、相互にファイルをやり取りしたりできる。また、この機能を使って、LOOXをパソコンのセカンドディスプレイにしたり、液晶ペンタブレット代わりに使ったりできる。