全637文字
PR

 2022年後半に提供予定の「Googleマップ」の新機能。AIや各種情報を活用して作り出した街の3Dモデルを、自由な視点から見られる。交通や気象、店舗などの情報を反映した街の様子に没入して楽しめる。

 米グーグルが提供する地図サービス「Google マップ」で、街の様子を3Dモデルで見られる新機能。2022年後半に追加される。「イマーシブ(Immersive)」とは「没入感のある」という意味。

 これまで地図上で表示していた交通状況などの各種情報が、より直感的に分かるようになるという。例えば、3Dモデルの街の道路には車が行き交い、混雑状況がひと目で分かる。また雲の量や雨などの気象情報も街並みに反映され、時間軸を動かせば夕方から雨が降り始める様子などが確認できる。太陽の位置を反映して建物の影が動き、日が暮れると夜景に切り替わるという。

 公開された3Dの街並みでは、旗が風に揺れ、観覧車がゆっくりと回転。川の水面には周囲の景色が映り込み、そこを波立てて船が行き交うなど、まるで精巧に作られたジオラマ都市を上から眺めているような没入感を味わえる。レストランなど一部の施設は、建物内部も3Dで再現されていて、その場に行ったかのように店内の雰囲気を疑似体験できる。

イマーシブビューで見るロンドンの街並み。3Dモデルは回転させて好きな角度から見られる。気象条件も反映され、太陽の高さに合わせて建物の影が動くなど、街の様子が細部まで再現される(出所:米グーグルの公式ブログ)
イマーシブビューで見るロンドンの街並み。3Dモデルは回転させて好きな角度から見られる。気象条件も反映され、太陽の高さに合わせて建物の影が動くなど、街の様子が細部まで再現される(出所:米グーグルの公式ブログ)
[画像のクリックで拡大表示]

 サービス開始時は東京のほか、ニューヨーク、サンフランシスコ、ロサンゼルス、ロンドンが対象で、ほかの都市にも順次拡大する予定だ。この機能はスマートフォンを含む全ての端末向けのGoogleマップで利用できるという。