全639文字
PR

 アンテナや基地局などからなる無線アクセスネットワークを、高高度や宇宙空間を飛行する設備を使って実現する仕組み。災害時の高信頼通信、船舶や航空機への大容量通信、離島への通信などに活用できる。

 RANとは、無線アクセスネットワーク(Radio Access Network)のことで、スマートフォンなどの端末から受け取った通信データを整理し、交換機などのコアネットワークに引き渡す役割を担う。一般的にはアンテナ設備や基地局、回線制御装置などで構成される。

 2022年7月、日本電信電話(NTT)とスカパーJSATは、共同で宇宙RAN提供会社「Space Compass」を設立した。成層圏を飛行する移動基地局「高高度プラットフォーム(HAPS、High Altitude Platform Station)」と、低軌道および静止軌道に打ち上げた通信衛星を組み合わせてRANを構成する。

 それぞれのカバーエリアが広く、地上で発生する災害による影響を受けにくいため、緊急時でも高信頼通信を提供できる。また、船舶や航空機などへの大容量通信、離島やへき地への通信サービスの提供も可能になる。携帯通信事業者が、既存の地上基地局と並行して宇宙RANを利用することで、コストの改善も期待できるという。

 2024年度には、観測衛星などが収集した各種データを、静止軌道上の衛星経由で地上に伝送するサービスも開始する予定だ。観測データを地上局に送信するよりも即時性が高く、大容量通信が可能としている。

Space Compassが計画する宇宙RANのイメージ。成層圏を飛行する移動基地局(HAPS)と、低軌道および静止軌道に打ち上げた衛星を組み合わせてRANを構成する(出所:NTTとスカパーJSATの報道資料)
Space Compassが計画する宇宙RANのイメージ。成層圏を飛行する移動基地局(HAPS)と、低軌道および静止軌道に打ち上げた衛星を組み合わせてRANを構成する(出所:NTTとスカパーJSATの報道資料)
[画像のクリックで拡大表示]