全680文字
PR

 購入商品の代金を後払いできる決済サービス。クレジットカードのような事前の審査が不要で、簡単な手続きで利用できる。ネットショップでの導入が進み、分割払いで購入できるサービスもある。

 最近、ネットショップなどで、商品の購入代金を後払いできる「BNPL(BuyNow, Pay Later)」と呼ばれるサービスを導入するケースが増えている。オンラインで簡単な手続きをするだけで利用できる使い勝手の良さが特徴だ。

 オンライン決済サービス大手の参入も相次いでいる。例えば、米ペイパルは、2021年9月、日本でBNPLの決済サービスを提供するPaidyの全株式を、約3000億円で取得すると発表した。

 Paidyは、国内でAmazonなどの大手ショッピングサイトにBNPLの決済サービスを提供している。AmazonでPaidyを利用して商品を購入するには、商品をカートに入れ、支払い方法で「あと払い(ペイディ)」を選択する。氏名とメールアドレス、携帯電話番号、請求先の住所を入力し、SMSで4桁の認証コードを受け取る。支払い画面で認証コードを入力し、注文を確定させれば完了する。

 支払いは、翌月の期日までに、コンビニ払いや口座振替、銀行振込などで済ませる。また、Paidyでは、スマホアプリで免許証や顔写真を送信し、本人確認の手続きを済ませると、3回の分割払いを手数料なしで利用できるようになる。

 客は、クレジットカードを所有していなくても、将来の収入を見込んで商品を購入しやすくなる。店舗側にとっても、客が「買いたい」と思ったタイミングを逃しづらくなるメリットがある。

オンライン決算サービス大手の米ペイパルは、日本でBNPLサービスを提供するPaidyの全株式を取得すると発表。画面は、Amazonで支払い方法にPaidyを選択した画面。メールアドレス、携帯電話番号などを入力し、SMSで届いた認証コードを入力して買い物を済ませる
オンライン決算サービス大手の米ペイパルは、日本でBNPLサービスを提供するPaidyの全株式を取得すると発表。画面は、Amazonで支払い方法にPaidyを選択した画面。メールアドレス、携帯電話番号などを入力し、SMSで届いた認証コードを入力して買い物を済ませる
[画像のクリックで拡大表示]