全917文字
PR

 最大80Gbpsのデータ通信速度に対応するUSBの最新規格。2022年9月に概要が公表された。新規格に対応するケーブルも登場予定。また、USBの規格による性能差を分かりやすくデザインしたアイコンも規定した。

 USBの規格策定や普及を手掛けるUSBプロモーターグループは、2022年9月、USB規格のメジャーアップデートとなる「USB4 Version 2.0」の概要を発表した。規格の詳細については、11月の開発者向け会議で公開予定だ。

 同規格対応製品では、これまでの倍の最大80Gbpsでデータ通信できる。データ通信速度が向上することで、高速な外付けストレージや、高解像度のディスプレイなどを接続したときにメリットを受けやすくなる。

 端子形状は、これまでと同様のUSB Type-Cを採用し、既存のUSB4 Version 1.0、USB 3.2、USB 2.0、Thunderbolt 3との互換性も確保する。新規格に合わせて、データ信号を増幅する「80GbpsUSB Type-Cアクティブケーブル」も登場予定だが、従来の40Gbps対応USB Type-Cパッシブケーブルも流用可能としている。

 一方、USB規格の呼称については、一般の利用者から見て分かりづらい状況が続いている。バージョン名に加えて、世代表記の「Gen 1」「Gen 2」が加わり、さらに「SuperSpeed Plus」や「Enhanced SuperSpeed」といった通称も規定されているためだ。規格をアップデートする際に、これまでとの違いを明確にすることが狙いだったが、逆に混乱を招く結果になってしまった。

 こうした状況を踏まえて、USB端子やケーブルが対応する性能を分かりやすく示したアイコンも新たに規定した。製品のパッケージなどにはバージョン名やこれまで使われていた通称ではなく、新アイコンを使用することを推奨する。

 アイコンは、ケーブル向けに最大通信速度を数字で示したものと、パソコン本体などのUSB端子向けに、最大通信速度とPD(Power Delivery)対応であることを示したものの2種類。どちらも最大通信速度の数字が大きく示される。

USBケーブルや端子の性能を示す新アイコン。通信速度やPD対応を示す「電池」をデザインに取り入れた 〔画像:USB Implementers Forum (USB-IF)〕
USBケーブルや端子の性能を示す新アイコン。通信速度やPD対応を示す「電池」をデザインに取り入れた 〔画像:USB Implementers Forum (USB-IF)〕
[画像のクリックで拡大表示]