全4106文字
PR

 米Apple(アップル)は2021年6月7日(米国時間)から5日間、開発者イベント「WWDC 21」をオンラインで開催した。本来開発者向けなので、iOSやiPadOS、macOSといったアップル製品に搭載されるOSの次期バージョンの紹介などがメインになる。

 その点は今回も同様だったが、冒頭の基調講演ではいつも以上に各OSの新機能が具体的に挙げられ、どのような使い方を想定しているかといった利用例の紹介に時間が多く割かれていた。開発者でなくても、これからのアップル製品を取り巻く進化に魅力を感じる内容だったのではないだろうか。

 アップルのイベントが完全オンライン開催になったのは前回のWWDC 2020から。以降、製品発表イベントもオンライン開催となり、今回のWWDC21から2年目に入る。世界のどこにいても誰もが気軽に参加できるため、一般ユーザーの参加も増えていると思われる。その変化に合わせて、魅力をアピールするようにしていたのかもしれない。

 ここでは各OSについて、筆者が注目した新機能や機能強化を紹介していく。

iOS 15でFaceTimeがマルチプラットフォーム対応

 iPhoneの次期OSとなる「iOS 15」で個人的に期待する機能は、以前からアップル端末同士で無料の音声通話やビデオ通話をサポートしていた「FaceTime」の機能強化である。

 iOS 15では、WebブラウザーベースではあるがWindowsパソコンやAndroidスマートフォンといった異なるプラットフォームの端末でも、アップル端末で作成したリンクからFaceTimeの通話/ビデオに参加できるようになる。相手の端末のプラットフォームを気にすることなく呼び出せることで、より個人のコミュニケーションに使いやすくなるのではないだろうか。

 さらに、現状ではZoomやWebexなど他社サービスの独壇場になっているWeb会議でも、FaceTimeを利用する下地が整うと考えられる。

 そしてiOS 15のFaceTimeには、参加者の顔を画面に同じ大きさでタイル状に表示したり、自分の背景をぼかしたりといった機能が追加される。意外かもしれないが、現時点でのFaceTimeにはこれらの機能がない。利用者の多いZoomやWebexといった他社のWeb会議サービスと使い心地を似せることで、差異を感じることなく使ってもらいたいといった思惑が、あるのかもしれない。

 個人的には、もっと早くマルチプラットフォームに対応してほしかったと思うが、iPhone同士の通話でもLINEが使われることが多い現状が、FaceTimeの機能強化でどのように変化するか見守りたい。

 FaceTimeにはアップルらしい仕掛けも盛り込まれる。その1つは動画配信サービス「Apple TV+」や音楽配信サービス「Apple Music」で既にサポートされている「空間オーディオ」が採用されることだ。FaceTimeに参加しているユーザーが、立体音響で同じ空間にいるように感じられる仕組みが提供されるという。これはiPhone、iPad、MacのFaceTimeが対応する。

iOS 15のFaceTimeが、WebブラウザーベースではあるがWindowsやAndroidといったほかのプラットフォームに対応する。基調講演の配信画面をキャプチャーした
iOS 15のFaceTimeが、WebブラウザーベースではあるがWindowsやAndroidといったほかのプラットフォームに対応する。基調講演の配信画面をキャプチャーした
[画像のクリックで拡大表示]
これまでは対応していなかった参加者のタイル状の表示や、自分の背景をぼかして表示する「ポートレート」モードもiOS 15で実現する。基調講演の配信画面をキャプチャーした
これまでは対応していなかった参加者のタイル状の表示や、自分の背景をぼかして表示する「ポートレート」モードもiOS 15で実現する。基調講演の配信画面をキャプチャーした
[画像のクリックで拡大表示]
FaceTimeは空間オーディオに対応し、相手と同じ空間で会話をしているような音響効果が提供される。基調講演の配信画面をキャプチャーした
FaceTimeは空間オーディオに対応し、相手と同じ空間で会話をしているような音響効果が提供される。基調講演の配信画面をキャプチャーした
[画像のクリックで拡大表示]