全2133文字
PR

 米Apple(アップル)が開発者向け会議「WWDC21」を開催した。例年通り基調講演でOSの最新バージョンを発表し、主要な新機能を紹介した。今回発表されたのはMac向けの「macOS Monterey」、iPhone向けの「iOS 15」、iPad向けの「iPadOS 15」、Apple Watch向けの「watchOS 8」などである。

 これらに関して「自分にとって関心のある新機能が最も多いOSはどれか?」と聞かれたら、僕はiPadOSであると即答する。そこで、ここでは僕が気になったiPadOS 15の新機能を紹介していく。

MacとiPadの連係機能は便利に使えそう

 僕が最も注目したのは「ユニバーサルコントロール」である。これはiPadOS 15とmacOS Monterey両方の新機能で、MacをiPadと組み合わせて使えるようになる。マウスやトラックパッドとキーボードを共有でき、デバイス間のドラッグ・アンド・ドロップにも対応する。3台までのデバイスを連係して使える。

 iPadをMacのサブディスプレーとして使う機能はすでにあるが、高性能の新しいiPadを持っている人にとっては、サブディスプレー化だけではもったいないと思う。なかでもMacとiPadの新しいモデルは、どちらもCPUがM1だ。高い性能をより生かせるのであれば、それに越したことはない。

 ユニバーサルコントロールによって、Macで書類を作る際に、iPadで作製した手書きを含む図をドラッグ・アンド・ドロップで貼り付けるといったことが簡単にできるようになりそうだ。Macを持っているのであれば、iPadに外付けのキーボードやタッチパッドを装着する必要はなくなるだろう。机の上のスペース節約にもなるはずだ。

 同様の機能は、ロジクールが「Logicool Flow」として提供しているが、パソコン同士でしか使えなかったうえ、いまひとつ安定性に欠けているという印象がある。

MacとiPadを連係させる機能「ユニバーサルコントロール」が発表された
MacとiPadを連係させる機能「ユニバーサルコントロール」が発表された
(出所:米アップル)
[画像のクリックで拡大表示]