全1916文字
PR

 パソコンを使ってiPhoneやiPadの内部にアクセスしてみよう。トラブルシューティングや、端末をさらに便利に使うためのテクニックを紹介する。

無くしたデータ、iPhoneのアプリの中にあるかも

 登場当時のiPhone、iPadはOSのアップグレード作業にパソコンが必須であり、モバイルで聴きたい曲はパソコンから転送するしかなかった。その後、端末単体でも活用できるように進化してきたが、今でもパソコンと組み合わせて初めて引き出せる機能がある。

 基本となるのは、パソコンの「iTunes」アプリに備わっている「ファイル共有」機能だ(図1)。パソコンにケーブルで端末を接続してiTunesを起動すると、サイドバーの「設定」セクションの中に「ファイル共有」とあり、クリックすると端末にインストールされているアプリがリスト表示される。アプリを選択して右に表示されるのは、そのアプリが扱っている「書類」だ。アプリ内で作成したり、クラウドからダウンロードしたりして保存されているデータになる。書類はパソコンのデスクトップなどにドラッグ・アンド・ドロップで取り出せる。端末にしか残っていないファイルを取り出せて便利なのだが、逆にパソコンからアプリにファイルを入れられるところが面白い。これに関しては次回で説明する。

図1 iPhoneの中にしか残っていないファイルやデータなどは、iTunesの「ファイル共有」機能を使えば取り出せる場合がある。ストレージの故障などで無くしてしまったと思った際には確認してみよう
図1 iPhoneの中にしか残っていないファイルやデータなどは、iTunesの「ファイル共有」機能を使えば取り出せる場合がある。ストレージの故障などで無くしてしまったと思った際には確認してみよう
[画像のクリックで拡大表示]