全1586文字
『DX大全 2022』
『DX大全 2022』
(日経BP)

 2021年9月1日に発足したデジタル庁。このグランドデザインを描いたキーマンの1人が、「日本のインターネットの父」と称される慶応義塾大学の村井純教授だ。政府の高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部(IT総合戦略本部)などで過去20年間に渡って国のIT政策に関わってきた同氏は現在、内閣官房参与(デジタル政策)やデジタル庁顧問も務める。日経クロステックはデジタル庁発足前の2021年8月13日に村井氏へのインタビューを実施。デジタル庁発足の経緯、過去の反省や込めた狙い、未来への期待など10の疑問をぶつけた。日経BPムック『DX大全 2022』の発行に合わせて、村井氏が記者の質問に答えた動画を改めて公開する。(技術メディアユニットクロスメディア編集部)

(このインタビューは2021年8月13日に行われました)

 今後、デジタル庁とどう関わっていくかを最後に聞かれた村井氏は「今と変わらないんじゃないですか」と答えた。村井純・慶応大教授は政府のIT総合戦略本部のメンバーであり、内閣官房参与として首相へアドバイスする立場でもある。

 政府におけるそれ以外の役職は、政府審議会などの委員の1人として任命されている立場だ。ただし、今回のデジタル庁設立に向けた流れでは「ちょっとでしゃばり過ぎた」と話す。国のIT政策の流れを当初から知る者として「馬力を入れた」からだ。念願だった法律と組織、デジタル庁を設立できるかもしれない機会は、村井氏をして「これを逃したらもう次はないだろう」と思わしむビッグチャンスだったのだ。

 これまで産業振興やインフラ整備にフォーカスされていたIT政策の目的を、「国民1人ひとり」向けへと視点を転換、社会構造の変革に合わせて縦割りから横につながりやすいシステムに見直す方針など、村井氏は審議会でさまざまな提案をして、デジタル庁へのグランドデザインを描いてきた。

 ではいよいよデジタル庁が動き始めればどうするのか。村井氏は、「何だ、やってねぇじゃないか」「せっかく準備して協力したのに、できてねぇじゃねぇかよ」と苦言を呈する役割が「一番いいかな」と、笑う。グランドデザインを描いてきた自負があるからこそ、後見役に徹する考えのようだ。

日経BPムック『DX大全 2022』
日経BPムック『DX大全 2022』
日経BPムック『DX大全 2022』
著者●日経クロステック/定価●980円(10%税込み)/発行●日経BP/発売日●2021年12月17日/判型●B5判172ページ/ISBN978-4-296-11174-9

 テクノロジーとビジネスの最先端動向を100人強の専門記者が日々徹底取材している日経クロステックの豊富なコンテンツから最新のDX(デジタルトランスフォーメーション)事例を厳選してコンパクトにまとめました。質・量ともに圧倒的な取材をベースに、技術・経営両面からDXを徹底解説します。DXの"今"を理解するための決定版です。

 台湾デジタル大臣のオードリー・タン氏、慶応義塾大学教授でデジタル庁発足の仕掛け人でもある村井純氏など、DXのキーパーソンのメッセージも収録しています。

 20万人が利用するNTT東日本/IPAの無償テレワークシステムをわずか2週間で構築した天才エンジニア登大遊氏、気鋭のAI(人工知能)ベンチャー シナモンを率いる連続起業家の平野未来氏、累計20万部のベストセラー『アフターデジタル』シリーズの著者で「UXの伝道師」として知られるビービット 執行役員CCOの藤井保文氏が、それぞれの立場からDXを語ります。

 パナソニックの戦略子会社で次世代の家電を探るShiftall代表取締役CEOの岩佐琢磨氏が語る「メタバース」論、国土交通省で3次元(3D)都市モデルの整備・活用・オープンデータ化事業「Project PLATEAU」を率いる同省都市局都市政策課課長補佐の内山裕弥氏による「オープンデータ」活用論なども今回新たに追加収録しました。

★本誌は「日経クロステック EXPO 2021」の参加特典・「日経クロステック2021年秋割」の申し込み特典の「日経クロステックDX 特別編集版」にコンテンツを増補して制作したものです。