全2914文字
PR

 同様に「書き出し」モードも簡易化しており、あらかじめアカウント情報を入力しておけば、Premiere ProからYouTubeに直接アップロードすることもできる。

「書き出し」モード
「書き出し」モード
YouTubeなどとシームレスに連携し、編集済みの動画を直接アップロードできるようになった(出所:Premiere Proベータ(2022)版の画面を著者がキャプチャー)
[画像のクリックで拡大表示]

 Premiere Proはプロの利用に耐える高機能なソフトであるゆえに画面構成が複雑で独特の癖があった。そのためソフトの操作に慣れていない初心者にはハードルが高かった。

 一連の改良でさまざまな自動化ツールが導入されただけでなく、UIを見直し、分かりやすく使いやすく大幅に改良された。その分、使いこなすハードルは確実に低くなっている。新しいUIは最新バージョン(2022年5月リリースのバージョン 22.4)へアップデートすることで利用可能だ。

 今回取り上げた各機能の使い方の詳細は、拙著『Premiere Proではじめるビジネス動画制作入門』でも解説している。興味を持った方は手に取ってご覧いただければ幸いだ。

森田勇人(もりた・ゆうと)
映像クリエイター
映像クリエイターとしての仕事の傍ら、動画学習プラットフォーム「Udemy(ユーデミー)」で「OMOKAGETV」として講師を務める。高校卒業後、建築現場、電気工事、高層ビルガラス清掃の仕事に従事しつつ、憧れであった映像クリエイターを目指して独学で映像を勉強し、映像制作ベンチャー企業に転職。実写映像、モーショングラフィックスを使った企業ビデオプロモーションに携わり、その後フリーランスとして独立。さまざまな企業の動画広告制作を行い、2015年からUdemyで講師を始める。「Premiere Pro」や「After Effects」を使った映像制作をゼロから学べる動画を発信。自身の経験を基に、次世代の動画デザインを模索し、初心者でも楽しく動画制作スキルを習得できるハウツー動画を配信するほか、Udemyの世界的なトップインストラクターであるPhil Ebiner(フィル・エビナー)氏の講座のローカライズ制作も担当。Udemyの総受講者数は4万人を超える。
Premiere Proではじめるビジネス動画制作入門
『Premiere Proではじめるビジネス動画制作入門』
『Premiere Proではじめるビジネス動画制作入門』
著者●森田勇人/定価●2860円(10%税込み)/発行●日経BP/判型●B5 320ページ/発行日●2022年1月24日/ISBN 978-4-296-07019-0

 通信インフラの進化に下支えされて、インターネットで動画を視聴することは当たり前になりました。ビジネスの現場においても、商品の宣伝やPR、会社紹介、社員向けの研修など、さまざまな場面で動画が活用されています。動画制作はいまや、多くのビジネスパーソンに求められるスキルになりつつあると言えるのです。

 本書では、動画学習プラットフォーム「Udemy」でトップ講師として活躍する森田勇人氏を著者に迎え、動画制作ツールのデファクトスタンダードである「Premiere Pro」の使い方を解説しています。4万人を超える受講者に教え、動画クリエイターとしても多くのビジネス動画の制作に携わってきた森田氏だからこそできる、実践的かつ分かりやすい解説が本書の最大の特長です。