全2342文字
『それでは伝わらない!ビジネスコミュニケーション新常識 デジタルグローバルな作法は若者に学べ』
『それでは伝わらない!ビジネスコミュニケーション新常識 デジタルグローバルな作法は若者に学べ』

 「ビジネスコミュニケーションの常識」がいま大きく変わりつつあります。次世代のデジタルグローバルなビジネスコミュニケーションでは、キャリアパーソン世代が身に付けてきた空気を読む気配りや相手の立場をわきまえた丁寧な言葉使い、実直な態度などはむしろ不適切となり、ストレートでフラット、共感を重視したSNSスタイルが今後の「新常識」になります。キャリア世代は耳を疑う話かもしれません。本連載ではなぜそうした変化が起こるのか、書籍『それでは伝わらない!ビジネスコミュニケーション新常識』(2022年8月、日経BP発行)を基に、ビジネスコミュニケーションの常識を変え、グローバル化を一気に進展させる新しいツールの登場やコミュニケーションスタイルの変化の背景を整理して解説します。今回のテーマは「マーケティングのトレンド」です。(技術プロダクツユニットクロスメディア編集部)

 広告代理店勤務のEさんは、趣味で始めたペットの犬の写真を投稿するInstagramのアカウントを持っています。ある時、そのInstagramのアカウントに、ペット向けおやつを販売している企業からDMが届いたそうです。

 「おやつを無料で送りますので、Instagramでおやつの感想を投稿していただけませんか?」

フォロワー5000人のアカウントに告知を打診

 商品を無料提供する代わりに、その感想を投稿してもらうことで、企業は宣伝効果を狙っているのです。他にもEさんのもとには、犬用のベッドメーカーなどから様々な打診が届きました。

 「犬の生活にかかる費用負担は小さくないので、このような提供はすごく助かっています」

 Eさん自身も広告代理店に勤務していることから、SNS上のインフルエンサーと呼ばれる万単位でフォロワーがいるInstagramユーザーと関わりはありました。

 「仕事でインフルエンサーに販売促進のための投稿協力を依頼することはありましたが、フォロワー5000人に満たない自分のアカウントに打診が来るとは思いませんでした。ということは、1万人や10万人のフォロワーのいるユーザーへの打診はもっとすごいだろうなと思います」

 「打診された中には、よりビジネス的な依頼もありました。企業の商品宣伝ページへのリンクを私のInstagramに記載し、そこから注文につながると売り上げの一部を宣伝費用として支払ってくれるというのです。試しにやってみたら10件くらいの注文が来て、実際に売り上げもあったのです。自分の犬がかわいくて、それを見てもらいたいと趣味で始めたアカウントが、こんなことになるとは思いもよりませんでした」

 このようなマーケティング手法を「インフルエンサーマーケティング」と呼びます。国内の市場規模は2021年には425億円、2025年には723億円に拡大(サイバー・バズ/デジタルインファクト調べ)し、世界市場は2027年に419億米ドルになる(REPORTOCEAN調べ)と言われています。