全2830文字
PR
『それでは伝わらないビジネスコミュニケーション新常識』
『それでは伝わらないビジネスコミュニケーション新常識』

 キャリアパーソン世代が身に付けてきた「ビジネスコミュニケーションの常識」がいま大きく変わりつつあります。ビジネス現場で使うデジタルツールの進化やグルーバル化の急速な進展などいくつかの要因により、みなさんの常識はもう古くて不適切になっているのです。本連載では書籍『それでは伝わらない!ビジネスコミュニケーション新常識』(2022年8月、日経BP発行)を基に、ビジネスコミュニケーションの常識がどのように変わってきているのかを、その背景を整理してお届けします。今回のテーマは、未来のオフィスツールです。(技術プロダクツユニットクロスメディア編集部)

 2022年1月18日、米マイクロソフトがゲーム大手アクティビジョン・ブリザード(以下、アクティビジョン)の買収を発表しました。アクティビジョンは、「Call of Duty(コール オブ デューティ)」など、世界中に根強いファンがいるビッグヒットタイトルを多数抱えているゲーム会社です。買収額は、総額687億ドル(およそ8兆円)とされています。

史上最高8兆円で買ったのは「未来のビジネス空間」

 マイクロソフトはXboxというゲーム機を提供しているので、ゲーム会社を買収することに違和感はありませんが、約8兆円という買収額はマイクロソフトとしても過去最高額であり、関連業界に大きな衝撃が広がりました。

 マイクロソフトのサティア・ナディラCEOは、2022年3月の経済紙インタビューにて次の趣旨を伝えています。

 メタバースは、仮想空間の中で人物やモノを配置します。近い将来、メタバース内のアバター(自分の分身となるキャラクター)やホログラムを通じて、サラウンドオーディオ環境の整った仮想空間のオフィスで人々は仕事をするようになるでしょう。これは、長い間ゲームでやってきたことです。つまり、メタバースを作ることは、ゲームを作ることです。

 「メタバース」という言葉が登場しました。メタバースは、仮想現実世界の中に人々が入り込み、ゲーム、オフィス、エンターテインメントなどあらゆることを、没入空間の中で実現できる世界のことを言います。このナディラCEOの言葉から、マイクロソフト社によるゲーム大手の巨額買収は、単純なゲームビジネスの強化ではなく、メタバースでのオフィス・プラットフォームへの一手であることが分かります。

 さらに、ナディラCEOは次の趣旨も伝えています。

 若い世代が将来仕事に関わるようになったとき、仮想オフィス空間はどうあるべきか。それは、若い世代が今のゲームのインターフェースに何を求めるかを知ることで見えてきます。例えば、マインクラフト(3Dブロックで構成された仮想空間の中で、モノづくりや冒険が楽しめるゲームで、オンライン上の他の友達との交流も楽しめる)でアバターを使っている若者は、仕事でもアバターを使うと心地よいと感じるかもしれません。今後、新しいオフィス機能を構築する場合、現在の若者の価値観を重視していくべきです。

 マイクロソフトは、「ゲーム空間で様々なアバターを使い、独自のコミュニティーを形成する若者が、将来、オフィスや働き方、コミュニケーションにおいて、ゲーム上で慣れた体験を求めるだろう」と考えているのです。