全1850文字
PR
『データドリブン経営改革』
『データドリブン経営改革』

 ESG(環境・社会・企業統治)に対する関心が世界的に高まっている。特に投資分野ではESGに配慮する企業を重視するESG投資も盛んだ。ESG指標は時価総額にどのような影響を与えているのか? どうすれば自社の企業価値が向上するのか? アクセンチュアのAI部門責任者、保科学世氏らは、日経平均株価を構成する企業についてESG指標および財務指標など合計467の指標が時価総額にどのような影響を与えているのか、構造方程式モデリング(SEM:Structural Equation Modeling)を用いて企業価値とESG指標の因果関係を可視化した。『データドリブン経営改革』(日本経済新聞出版)から抜粋・再構成してお届けする。(日経BOOKプラス編集部)

企業価値とESG指標の関係

 近年重要視されているESG(環境・社会・企業統治)指標について、どのような指標に着目していけばよいのだろうか?

 今求められているのは、「財務指標やESG指標のデータを統合、可視化して自社の業界内での立ち位置を把握すること」「どのESG指標がどれだけ企業価値にインパクトをもたらすか因果関係を踏まえた上で、確実に企業価値を向上させる施策を特定すること」「データに基づき自社に最適なKPI(Key Performance Indicator:重要業績評価指標)を設定・追求することで、正確かつ説得力のあるESGの取り組みを投資家にアピールすること」と言えよう。

 筆者らは、上記を実現するため、日経平均株価を構成する企業について2009年から2020年のデータを使い、ESG指標および財務指標など合計467の指標が時価総額にどのような影響を与えているのか、構造方程式モデリング(SEM:Structural Equation Modeling)を用いて、企業価値とESG指標の因果関係を可視化した。

 このモデルは、相関関係ではなく、因果関係を考慮した上での関係性・ネットワークの可視化が可能で、非財務指標の本当の影響を数値化する上でノイズとなる企業規模や市場要因といった要素を可能な限り切り離して評価している。

 また、他のESGスコアに見られるようなビジネス目線での恣意的な重み付けはなく、データドリブンで影響の大きさを評価することが可能で、本領域で問題となる「企業として余力があるからこそESGに取り組めるのでは?」という疑問を極力排除できる分析手法を採用している。

 本調査結果から得られた、企業価値に対する項目別寄与度トップ30を見ていこう。

非財務指標を含む各種指標が企業価値に与えるインパクト
非財務指標を含む各種指標が企業価値に与えるインパクト
(出所)『データドリブン経営改革』
[画像のクリックで拡大表示]