全2983文字
『建設協調安全 実践!死亡事故ゼロ実現の新手法』
『建設協調安全 実践!死亡事故ゼロ実現の新手法』

 我々の暮らしをささえる道路やトンネル、ダムといったインフラ、さらには家やビルなどの建造・整備に関わる建設業。その現場は自然環境下での作業になることなどから危険を伴い、全産業の中で死亡災害が最も多く発生している。今後の生産人口の減少を受け、これからの建設業をささえる人材の確保が課題となっている中、建設現場で働く人たちの安全と健康、幸せを約束できなければ、担い手が集まってこない恐れがある――。

 こうした状況を打破するために、『建設協調安全 実践!死亡事故ゼロ実現の新手法』では、従来と異なる新たな安全への取り組みを解説した。本書から、「協調安全/Safety 2.0」と呼ぶ、新しい安全の概念/技術を提唱する明治大学 名誉教授、顧問の向殿政男氏と、建設現場の第一線で重篤災害の撲滅を声高に叫び続けてきた清水建設 土木総本部 顧問の河田孝志氏の対談を紹介する。(技術プロダクツユニットクロスメディア編集部)

河田さんは建設現場の第一線に立ち、重篤災害の撲滅に尽力されてきました。何かきっかけのようなものがあったのでしょうか。

河田孝志氏 私は、トンネル工事現場のキャリアが長い。トンネル工事現場というのは、他の建設現場と比べても危険で、重篤災害が起こりやすい工種です。私はこれまでに国内8カ所、海外2カ所のトンネル工事を担当してきましたが、20歳代後半の時に死亡事故を経験しました。

清水建設 土木総本部 顧問の河田孝志氏
清水建設 土木総本部 顧問の河田孝志氏
1980年3月岡山大学大学院 工学研究科 土木工学専攻修了。同年4月清水建設に入社、土木本部技術部へ配属となる。四国横断自動車道、北陸新幹線等のトンネル工事を担当、1996年には副所長としてインドネシアのムシ水力発電所工事、2009年には建設所長としてマレーシアのパハン・セランゴール導水トンネル工事に携わる。2014年土木技術本部 本部長、2015年執行役員 土木技術本部 本部長、2018年常務執行役員 土木技術本部 本部長を経て、2020年より現職。日本大学 生産工学部、岡山大学 工学部で非常勤講師も務める。(写真:新関雅士)
[画像のクリックで拡大表示]

 トンネル外の作業で、工事用道路で除雪作業をさせていた時のこと。作業中のバックホウが幅2mほどの用水溝に向かって転倒してしまいました。出入り口の扉は用水溝側にあったため、オペレーターはそこから出られずに、反対のアーム側の窓(現在流通するバックホウにはありませんが)から脱出を試みました。その際、オペレーターの足が操作レバーに当たり、動いたアームと窓枠の間に挟まれてしまったのです。

 私が、その一報を受けて現場に急行した時には、オペレーターは既に瀕死(ひんし)の状態。「何とか助かってくれ!」と祈りながら見守ることしかできませんでした。その後、現場に駆け付けたレスキュー隊に救助されたものの、祈りむなしく搬送先の病院で亡くなりました。29歳の方でした。

 この人には、私の長男と同い年になる3歳のお子さんがいました。葬儀に参列した時、そのお子さんが会場の中を元気に走り回っていたのです。お父さんが亡くなったことをまだ理解できずに……。我々にも作業をする人たちにも、家族がいます。ひとたび死亡災害が起きると、家族は大変な悲しみを背負います。死亡災害は絶対に起こしてはならない――。この時に痛感し、以降肝に銘じ続けています。

建設業では、死亡災害が下げ止まり傾向にあると聞きます。

河田氏 1970年に全産業の死亡災害は6048人ありましたが、2011年には1024人まで減りました。建設業も、1970年は2430人、2011年は342人と、死亡災害が減ってきたことに間違いはありません。しかし、2011年以降は下げ止まっています(図1)。

図1 全産業および建設業とトンネルの死亡災害発生状況
図1 全産業および建設業とトンネルの死亡災害発生状況
(清水建設作製)
[画像のクリックで拡大表示]