全1110文字
PR

 家庭や企業の有線LANで使われるイーサネットは、ネットワーク機器をLANケーブルでつなぐだけですぐに通信できるという大きなメリットがある。例えば、パソコンのLANアダプターとスイッチ、あるいはスイッチ同士をつなげば、特に設定することなく通信できる状態になる。

 イーサネットで実際に通信する場合、LANケーブルでつないだ対向の機器は同じ速度で通信する必要がある。ところがイーサネットには様々な速度の規格があり、機器によってサポートする規格の種類が異なる。なぜ特に設定を施さずに通信できるのだろうか。それを実現するのは「オートネゴシエーション」という技術である。

 そこで本特集では、オートネゴシエーションの意義と目的、仕組みと動作原理、トラブルと対策について解説する。

オートネゴシエーションの意義と目的

 まずオートネゴシエーションが作られた経緯や背景について見ていこう。オートネゴシエーションの仕様は現在、イーサネット規格のIEEE 802.3の一部として規定されているが、もともとは半導体メーカーの米ナショナル セミコンダクター(米テキサス・インスツルメンツが買収)が1990年代初めに開発した「NWay」という技術がベースとなっている。

 オートネゴシエーションがIEEEで標準化されたきっかけは、100Mイーサネットの登場だ。IEEEが定めた最初のイーサネット規格の伝送速度は10Mビット/秒。これに100Mビット/秒の速度が加わり、2種類の速度が混在することとなった。

 さらに100Mイーサネットには、LANケーブルの品質(カテゴリー)や心線の使い方が異なる規格がいくつかある。それらをスイッチに設定するのは、ネットワーク管理者にとって大きな負担となる。オートネゴシエーションを使えばこうした設定は必要なく、ネットワーク管理者の負担は軽減される。

速度や複信方式を相手と交渉

 オートネゴシエーションの仕組みの詳細は次回以降で解説するが、基本的な考え方を把握しておこう。