全2243文字
PR

 有線LANで使われるイーサネットで不可欠の技術がオートネゴシエーションだ。オートネゴシエーションのおかけで、機器同士をLANケーブルでつなぐだけで通信が可能になる。オートネゴシエーションはどのように伝送速度などを決定するのか、その仕組みを解説していく。

33本のパルスで伝える

 まず100Mイーサネットでのオートネゴシエーションの仕組みから見ていこう。

 ベースとなるのは、10BASE-T向けに開発された「NLP(Normal Link Pulse)」である。これはLANケーブルでつないだネットワーク機器同士が16ミリ秒間隔で互いに送り合う電気パルスである。

 機器はイーサネットフレームを送らないときも常にNLPを送信しており、これが相手から届くことでリンクが正常だと認識する。

パルス列を使ってデータを相手に届ける
パルス列を使ってデータを相手に届ける
[画像のクリックで拡大表示]

 続いてオートネゴシエーションの動作を100Mイーサネットの1つである100BASE-TXを例に見てみよう。

 機器を起動しLANケーブルをつなぐと、相手に「FLPバースト」というパルス列を送り出す。これは33本のパルス(FLP:Fast Link Pulse)で構成され、クロック同期とオートネゴシエーションに使うデータを相手に届ける役目を持つ。

 FLPバーストの間隔は、NLPと同じ16ミリ秒と決められている。これは100BASE-TXに対応していない10BASE-T専用機器がFLPバーストの先頭パルスを認識できるようにするためだ。

 これにより10BASE-T専用機器はFLPバーストのデータを読み取れなくても、リンクがつながっていることを認識できる。

 FLPバーストの33本のパルスのうち、奇数番目の17本はクロック同期用に、偶数番目の16本はデータ用に使われる。データ用のパルスについては、パルスがある場合を「1」、パルスがない場合を「0」としている。つまり、データを表すビットに「0」が含まれるときは、実際にはパルスの数は33本より少なくなる。