全1991文字
PR

 機器同士をLANケーブルでつなぐだけで通信を可能にするオートネゴシエーション。オートネゴシエーションは、非対応の機器とも通信できる仕組みを備えている。さらに、最新の仕様では40Gビット/秒の40GBASE-Tまでに対応できる。今回はこれらについて解説する。

古い製品では「パラレルディテクション」を利用

 現在では、100Mビット/秒以上の伝送速度をサポートするネットワーク機器はオートネゴシエーションに対応しているが、古い製品では対応していないものもある。そうした場合に速度を決めるのが「並列検出(パラレルディテクション)」という仕組みである。

 オートネゴシエーションおよび100BASE-TXに対応したネットワーク機器に、オートネゴシエーション非対応の機器をLANケーブルでつなぐ場合を考えよう。

 非対応機器はFLPバーストを出さない。対応機器はFLPバーストを検出しないので、相手がオートネゴシエーション非対応だと判断する。非対応機器からNLPを検出した場合は10BASE-T対応、「アイドル信号」を検出した場合は100BASE-TXだと判断する。

 アイドル信号とは、100BASE-TX対応機器がフレームを送信していないときに常に流している信号である。この仕組みでは10BASE-Tと100BASE-TXのどちらかは判断できるが、複信方式までは分からない。そこで必ず半2重に設定される。

 対向するネットワーク機器がいずれもオートネゴシエーション対応でも、片方の伝送速度を手動で固定設定にすると、同様に並列検出の仕組みを使って速度を決める。この場合も必ず半2重の設定になる。

40GBASE-Tまでの最新仕様

 続いて、1000BASE-T以上の規格でオートネゴシエーションがどのように動作するかを見ていく。

 前述のように、1000BASE-T以上でのオートネゴシエーションでは、複数のFLPバーストを使ってメッセージを送る必要がある。ベースページに続く追加のメッセージとして、1個のFLPバーストで構成される「ネクストページ」と、2個のFLPバーストで構成される「拡張ネクストページ」の2種類がある。

 1000BASE-Tまでのオートネゴシエーションでは1つのベースページと3つのネクストページでデータをやりとりする。2.5GBASE-Tから40GBASE-Tまでのオートネゴシエーションではベースページとネクストページ、そして拡張ネクストページを1つずつ使ってデータをやりとりする。

 ここでは、現時点でより対線を使った最速規格である40GBASE-Tまで対応するオートネゴシエーションを例に説明しよう。