全1222文字
PR

 千里中央駅(大阪府豊中市)から箕面萱場駅(同箕面市)に延伸工事が進む北大阪急行線(以下、北急)。その中間に設けられる新駅・箕面船場阪大前駅の周辺では箕面市の複合施設や大阪大学の箕面キャンパスなどの開発が進行中だ。建設が進む北大阪急行線の新駅と、2021年4月に開校した大阪大学箕面キャンパス(外国語学部)、同5月にオープンする箕面市複合公共施設の21年3月の様子を、写真を中心にリポートする。

新駅・箕面船場阪大前駅と北急延伸工事

新駅・箕面船場阪大前駅とその周辺を南西から見る(写真:生田 将人)
新駅・箕面船場阪大前駅とその周辺を南西から見る(写真:生田 将人)
[画像のクリックで拡大表示]
北急の延伸部分は当初、大阪大学外国語学部の箕面キャンパスへの移転より前の2020年度に開業を目指していたが、23年度に延期となり現在も工事が続いている。写真中央に建つのは換気塔(写真:生田 将人)
北急の延伸部分は当初、大阪大学外国語学部の箕面キャンパスへの移転より前の2020年度に開業を目指していたが、23年度に延期となり現在も工事が続いている。写真中央に建つのは換気塔(写真:生田 将人)
[画像のクリックで拡大表示]
新駅・箕面船場阪大前駅の直上で行われている工事の様子。クレーンを使って資材を搬入している(写真:生田 将人)
新駅・箕面船場阪大前駅の直上で行われている工事の様子。クレーンを使って資材を搬入している(写真:生田 将人)
[画像のクリックで拡大表示]
新御堂筋を挟んで東西をつなぐ歩行者デッキの整備が計画されている。新御堂筋の西側から新駅や箕面市複合公共施設などへのアクセスを向上させる。2022年春の完成を予定している(写真:生田 将人)
[画像のクリックで拡大表示]
新御堂筋を挟んで東西をつなぐ歩行者デッキの整備が計画されている。新御堂筋の西側から新駅や箕面市複合公共施設などへのアクセスを向上させる。2022年春の完成を予定している(写真:生田 将人)
[画像のクリックで拡大表示]
新御堂筋を挟んで東西をつなぐ歩行者デッキの整備が計画されている。新御堂筋の西側から新駅や箕面市複合公共施設などへのアクセスを向上させる。2022年春の完成を予定している(写真:生田 将人)
北側に向かって続く北急の延伸工事。写真奥には北急の高架部分となる橋脚が並んでいる(写真:生田 将人)
北側に向かって続く北急の延伸工事。写真奥には北急の高架部分となる橋脚が並んでいる(写真:生田 将人)
[画像のクリックで拡大表示]