全448文字
PR

 部門や立場が違うとデジタルトランスフォーメーション(DX)の解釈が異なる――。このような状態では、複数部門が一丸となってDXで成果を上げることは難しい。

 DXによって経営強化を図るには、いったん自社にとってのDXを定義する。それを全社で共有して、理解・関心度を高める。そして、できそうなところから即座に実行し、こつこつと成果を上げる。これが得策である。

 日清食品ホールディングス 執行役員CIO(最高情報責任者)を2021年3月末まで務め、同社のDXをけん引してきた喜多羅滋夫氏は、DXを「小さな勝利の積み重ね」と語る。どういうことなのか。何から始めればよいのか。「喜多羅式DX塾」の7分動画で押さえよう。

■Chapter1の要点
  • デジタイゼーションとデジタライゼーションとDX
  • 事業にインパクトのあることを素早く実行したほうがいい
  • サービスデスク業務をチャットボットで効率化
  • 小さな勝利を積み重ねる
  • 事業の課題は何かを明確にして可能なところから着手
  • 省力化・自動化で従業員がやるべき仕事に注力できるように
喜多羅株式会社 Chief Evangelist(元・日清食品ホールディングス 執行役員CIO)の喜多羅滋夫氏
喜多羅株式会社 Chief Evangelist(元・日清食品ホールディングス 執行役員CIO)の喜多羅滋夫氏
(撮影:村田 和聡)
[画像のクリックで拡大表示]