全414文字
PR

 デジタルトランスフォーメーション(DX)を円滑に遂行するために、人員の増強を考えている企業は少なくないだろう。CIO(最高情報責任者)やシステム部長、DX推進部門などが、DX人材を中途採用する際に注意すべきこととは何か。

 「迷ったら採用しない」。日清食品ホールディングス・執行役員CIO(最高情報責任者)を2021年3月末まで務め、同社のDXをけん引してきた喜多羅滋夫氏はこう言い切る。

 DX人材の採用面接ではどんなことを尋ねるのか。相手にどのような資質・スキルを求めるのか。喜多羅氏が実践していたことからヒントをつかもう。

■Chapter4の要点
  • 迷ったら採用しない
  • 採用で重視していることは2つ
  • 新しいことに取り組む意欲を持った人材かどうか
  • 本業に関心を持っている人材かどうか
  • 「部員のやる気が上がらない」と嘆くリーダーに伝えたいこと
  • 部員はリーダーの背中を見ている
  • 小さな失敗を生かせるような組織風土に
  • 成功したらきちんと褒めてあげよう
喜多羅株式会社 Chief Evangelist(元・日清食品ホールディングス 執行役員CIO)の喜多羅滋夫氏
喜多羅株式会社 Chief Evangelist(元・日清食品ホールディングス 執行役員CIO)の喜多羅滋夫氏
(撮影:村田 和聡)
[画像のクリックで拡大表示]