全450文字
PR

 デジタルトランスフォーメーション(DX)をリードする役職として、CIO(最高情報責任者)だけでなく、CDO(最高デジタル責任者)と呼ばれる役職も出てきた。DXリーダーは、CIOがいいのか。CDOがいいのか。それともほかに適任者がいるのか。こんな素朴な疑問を抱くかもしれない。

 DXリーダーの適任者は誰か――。日清食品ホールディングス・執行役員CIO(最高情報責任者)を2021年3月末まで務め、同社でDXをけん引してきた喜多羅滋夫氏にズバリ聞いてみた。

 「リーダーの適任者は、変革テーマによって異なる」。答えは明快だ。「DXの適任者はCIOか?CDOか?」という議論そのものに意味がない、ということだ。愚問に対する喜多羅氏の意見に耳を傾けてみよう。

喜多羅株式会社 Chief Evangelist(元・日清食品ホールディングス 執行役員CIO)の喜多羅滋夫氏
喜多羅株式会社 Chief Evangelist(元・日清食品ホールディングス 執行役員CIO)の喜多羅滋夫氏
(撮影:村田 和聡)
[画像のクリックで拡大表示]

Chapter19の要点

  • DXで成果を上げるには、経営と事業部門とIT部門が連携・一体となることが不可欠
  • リーダーの適任者は、変革テーマによって異なる
  • DXプロジェクト全体をグリップするのは、CIOの役割
  • 「適任者はCIOかCDOか」という議論には意味がない