全463文字
PR

 デジタルトランスフォーメーション(DX)を加速させるため、外部からプロフェッショナルCIO(最高情報責任者)を招へいする日本企業が増えている。CIOは外部からスカウトすべきなのか。生え抜きがいいのか。それとも事業部門出身者がいいのか。

 CIOの適任者は誰なのか――。日清食品ホールディングス・執行役員CIO(最高情報責任者)を2021年3月末まで務め、同社でDXをけん引してきた喜多羅滋夫氏にストレートにぶつけてみた。

 「CIOを誰にするか」よりも大事なことは、「どのようにしてDXで成果を上げるか」である。喜多羅氏はこの本質を指摘したうえで、外部からプロCIOをスカウトする場合の注意点や、生え抜きをCIOにした場合に心掛けるべき点について助言する。

喜多羅株式会社 Chief Evangelist(元・日清食品ホールディングス 執行役員CIO)の喜多羅滋夫氏
喜多羅株式会社 Chief Evangelist(元・日清食品ホールディングス 執行役員CIO)の喜多羅滋夫氏
(撮影:村田 和聡)
[画像のクリックで拡大表示]

Chapter20の要点

  • 外部のプロCIOの優位性
  • 「基幹系システム刷新を何度も経験」という強み
  • 「生え抜きか外部か」よりも大事なことは、成果を出すために何をするか
  • 外部からきたCIO、生え抜きメンバーと連携できなければ成果を上げられない
  • CIOを誰にするか、いずれのパターンもあり