全425文字
PR

 デジタルトランスフォーメーション(DX)を加速させるには、経営トップの関与が不可欠とされる。とはいえ、トップダウンでDXを進めるだけで、成果は上がるのだろうか。

 トップダウンか。それだけで十分なのか。ボトムアップがいいのか。DXの進め方について、日清食品ホールディングス・執行役員CIO(最高情報責任者)を2021年3月末まで務め、同社でDXをけん引してきた喜多羅滋夫氏に尋ねた。

 変革については、経営トップのコミットメントが必要不可欠である。だが、これだけでは不十分である。事業部門の担当者を巻き込み、ボトムアップで進めることの大切さも指摘する。その理由や実践方法のポイントを押さえよう。

喜多羅株式会社 Chief Evangelist(元・日清食品ホールディングス 執行役員CIO)の喜多羅滋夫氏
喜多羅株式会社 Chief Evangelist(元・日清食品ホールディングス 執行役員CIO)の喜多羅滋夫氏
(撮影:村田 和聡)
[画像のクリックで拡大表示]

Chapter21の要点

  • DXで成果を上げるには、経営トップのコミットメントが必要不可欠
  • 経営トップが本気でも、現場が自分事にしないとDXは進まない
  • 日清食品の新CIOが実践、事業部門の担当者を上手に巻き込む術
  • 変革はトップダウンとボトムアップを両立させながら進める