全3813文字
PR


 さまざまな機能強化が進む5G(第5世代移動通信システム)。5Gの進化を解説する連載の第2回は、ネットワーク機能を用途に応じて仮想的に分割する「ネットワークスライシング」について、エリクソン・ジャパンが説明する。

 現在日本で商用中の5Gは、4Gネットワークを前提に5Gを実現するNSA(Non-Stand Alone)構成です。図1(1)に示すように、NSA構成は、LTE基地局群からなる4G無線アクセスネットワーク(RAN: Radio Access Network)の中に5G NR(New Radio)の基地局を追加実装する形です。コアネットワークは、4GのEPC(Evolved Packet Core)をそのまま使っており、データ送受信経路の設定や開放などのためにやりとりされる制御信号も、NR基地局からLTE基地局を経由して端末とEPC間で交わします。

図1 5Gネットワークの構成
図1 5Gネットワークの構成
(1)4Gネットワークを前提に5Gを実現するNSA(Non-Stand Alone)構成、(2)SA(Stand Alone)構成。(エリクソン・ジャパンの図版を基に日経クロステックが作製)
[画像のクリックで拡大表示]

 NSA構成の5Gは、データの送受に広帯域の5G用無線周波数を利用した場合の高速通信や、短いスロットを利用した場合の低遅延を実現できるものの(第1回参照)、ネットワーク機能はEPCの能力の範囲を超えることはできません。

 NSAに対して、より高度化された機能を利用できる5GのアーキテクチャーがSA(Stand Alone)構成です。図1(2)に示すように、SA構成は4Gネットワークを前提とせず、コアネットワークは5G用に新たに標準化された 5G Core(5GC)を利用します。ユーザーのデータおよび制御信号は、NR基地局と5GC間で直接やりとりします。世界のいくつかの国では、SA構成の商用導入が始まっており、日本でも各携帯電話事業者が21年度内の導入を予定しています。