全2320文字
PR

 米Microsoft(マイクロソフト)の最新OS「Windows 11」が2021年10月5日にリリースされた。Windows 11の全容やWindows 10からのアップグレード方法などは「日経PC21」2021年12月号で取り上げた。本稿では、雑誌では触れられなかった「Androidアプリが動く」という新機能を紹介しよう(図1)。

図1 マイクロソフトは、Windows 11でAndroidアプリを動かす機能を開発中。図はそのプレビュー版で、スマホ向けゲームアプリを動かしている様子
図1 マイクロソフトは、Windows 11でAndroidアプリを動かす機能を開発中。図はそのプレビュー版で、スマホ向けゲームアプリを動かしている様子
(出所:画面写真は筆者が取得)
[画像のクリックで拡大表示]

 この機能は、今回リリースされたWindows 11のバージョン21H2には搭載されておらず、提供は2022年にずれ込むと予想される。しかし10月20日、この機能の詳細が明らかにされるとともに、「Windows Insider Program」に登録した開発者向けにプレビュー版が公開された。そのプレビュー版を試用する機会を得たので、Windows 11上でAndroidアプリを利用する手順や操作感などをレビューする。

まずは「Amazon Appstore」をインストール

 「Windows Subsystem for Android」と名付けられたこの機能は、Windows 11上にサブシステムとして仮想的なAndroid環境を構築し、その中でAndroidアプリを動かす。言ってみれば、Windows 11上でAndroidエミュレーターを動かすようなものだ。サブシステムには、Android Open Source Project バージョン11に基づくLinuxカーネルとAndroid OSが含まれていて、Hyper-V仮想マシンで実行されるという。このAndroid環境にアプリをインストールする仕組みは、アマゾンが運営するAndroidアプリストア「Amazon Appstore」との連携により実現される。

 そこでまず、Windows 11にAmazon Appstoreをインストールする必要がある。これはWindows 11が標準搭載するアプリストア「Microsoft Store」からインストールできる(図2)。なお今回公開されたAmazon Appstoreのプレビュー版は、Windows 11の地域設定が米国になっていないとストアに表示されない。

図2 Windows 11が標準搭載する「Microsoft Store」から、「Amazon Appstore」アプリをインストールする
図2 Windows 11が標準搭載する「Microsoft Store」から、「Amazon Appstore」アプリをインストールする
[画像のクリックで拡大表示]

 Amazon Appstoreをインストールすると、自動的にWindows Subsystem for Androidもインストールされ、両者のアイコンがスタートメニューに登録される(図3)。

図3 Amazon Appstoreが「アプリストア」という名前でスタートメニューに登録される。Androidアプリの動作環境である「Windows Subsystem for Android」も自動でインストールされる
図3 Amazon Appstoreが「アプリストア」という名前でスタートメニューに登録される。Androidアプリの動作環境である「Windows Subsystem for Android」も自動でインストールされる
[画像のクリックで拡大表示]

 そのAmazon Appstoreを起動して、Amazonのアカウント(プレビュー版では米国のアカウントが必要)にログインすると、アプリが一覧表示されてくる(図4)。ここで好みのアプリを探して、インストールすればよい。Microsoft StoreでAndroidアプリを探すこともでき、Microsoft Store上で「Amazon Appstoreから入手」を選ぶと、Amazon Appstoreの該当ぺージが開いてインストールを進められる(図5)。

図4 Amazonのアカウントでサインインすると、アプリが一覧表示される。なおプレビュー版では米国のアカウントが必要
図4 Amazonのアカウントでサインインすると、アプリが一覧表示される。なおプレビュー版では米国のアカウントが必要
[画像のクリックで拡大表示]
図5 Microsoft StoreでもAndroidアプリを検索して探せる。そこで「Amazon Appstoreから入手」ボタンを押すと、Amazon Appstoreの該当ぺージが開き、アプリを入手できる
図5 Microsoft StoreでもAndroidアプリを検索して探せる。そこで「Amazon Appstoreから入手」ボタンを押すと、Amazon Appstoreの該当ぺージが開き、アプリを入手できる
[画像のクリックで拡大表示]