全2205文字
PR

 シスメックス国際試薬(神戸市)の「お助けペダル」は、移動式タンクの運搬を楽にするからくりである(図1)。このタンクは、同社の小野工場(兵庫県小野市)で試薬の材料を運ぶのに使われている(図2)。総重量は1.2t。足踏み式のお助けペダルは、このタンクの初動に必要な力を減らして、従業員の足腰の負担を軽減するのに一役買っている。「第25回からくり改善くふう展2020」で、「協会特別賞」を受賞した。

図1 お助けペダル
図1 お助けペダル
移動式タンクの初動に必要な力を軽減する。タンクを載せている台車のフレームに、製作した治具を追加した。(出所:シスメックス国際試薬)
[画像のクリックで拡大表示]
図2 従来のタンク移動
図2 従来のタンク移動
身体で押し引きしながらタンクを移動していたため、足腰への負担が大きかった。(出所:シスメックス国際試薬)
[画像のクリックで拡大表示]

* からくり改善くふう展
工場の改善活動で生まれた「からくり」の展示会。日本プラントメンテナンス協会が主催する。新型コロナウイルス感染症の影響で、2020年度の同展は2021年3月23~26日のオンライン開催となった。50社が162作品を出品した。

 試薬の製造にあたって、同工場では1日当たり2~3回ほど、このタンクの移動が生じているという。従業員は、無じん衣と安全靴を着用しながら作業にあたる。「1回の移動距離そのものは、10~20mほどと短い」(同社)。しかし、停止した状態のタンクを動かし始めるとき、最大静止摩擦力に打ち勝つ大きな力を出すために、従業員は体全体を使って押したり引いたりしていたので、足腰への負担が大きかった。

 そこで考案したのが「お助けペダル」である。タンクを載せるキャスター付き台車のフレームに、足踏み式の治具を取り付けた。主な材料は、ステンレス鋼製のパイプ材である。足でペダルを踏みつける力を、タンクが水平移動する力に変換する。従業員の体重を使ってタンクの初動を補助できるので、足腰の負担を軽減できる。

 特徴的なのは、タンクを手前に引く力と前方に押す力の両方を、生み出せることだ(図3)。お助けペダルには、赤色と黄色の2つの踏み棒がある。赤色を踏み込むと、従業員から見てタンクを手前に引く力を生み出せる。黄色を踏み込むと、タンクを前方(奥)に押し出す力を生み出せる。従業員は、自らの体重を踏み棒に掛ければよい。

[画像のクリックで拡大表示]
図3 2つの踏み棒で前後に動く
図3 2つの踏み棒で前後に動く
2つの踏み棒のうち、赤色を踏み込むとタンクを手前に引く力を(上)、黄色を踏み込むと前方に押し出す力を生み出せる(下)。(出所:シスメックス国際試薬)
[画像のクリックで拡大表示]