全1264文字
PR

 ステイホームが常態化し、テレワークや巣ごもりに適したデジタルグッズの進化が止まらない。外の音も聞こえる骨伝導式ヘッドホン、さまざまな定型的な操作を登録できるキーボードなど、新しいニーズを捉えた注目製品を厳選して紹介する。

デスクの下から天板越しにワイヤレス充電
デスクの下から天板越しにワイヤレス充電
充電器は机の下に設置する。一般的なオフィスデスクであれば充電可能という
[画像のクリックで拡大表示]

 机の裏に設置するQi対応のワイヤレス充電器。工具を使わずに、付属の粘着テープで取り付けられる。机の天板の厚さは32mm以内、机の素材は木、ガラス、プラスチック、石材に対応する。ただし、金属製の机は、Qiの仕様により安全機能が働き充電できない。最大出力は10W。なお、ワイヤレス充電は動作範囲が狭いので、充電が働く位置にテープを貼り付けるなど、目印を設けておくとよいだろう。

机のケーブルホールに取り付られるQi対応の充電器
机のケーブルホールに取り付られるQi対応の充電器
ケーブルホールがあるデスクに埋め込めるワイヤレス充電器。取り付け穴の直径は62~64mmに対応する
[画像のクリックで拡大表示]

 ケーブルを出し入れする穴がある机で、その穴に埋め込めるQi対応ワイヤレス充電器。充電器天板の裏から付属のプレートにネジを通して固定する。取り付け可能な穴の口径は62~64mm、机の天板の厚さは15~28mm。ケーブルホールがない、あるいは口径が足りない場合は、自分で工具を使って穴を開ける必要がある。販売元のサンワサプライは、自社で販売する一部のデスク製品に限り、購入時の穴開け加工に対応する。別途USB充電器が必要。

ワイヤレス充電機能を兼ねたマウスパッド
ワイヤレス充電機能を兼ねたマウスパッド
パッドの右側にコイルがあり、対応機器を充電できる
[画像のクリックで拡大表示]

 ワイヤレス充電器を内蔵したマウスパッド。パッドの右側部分に、Qi対応機器を置くと充電できる。最大出力は10W。電力を送信するためのコイルを3つ内蔵している点も特徴だ。充電可能な範囲が、一般的なQi充電器より広い。本体側面にはUSB Type-C端子を備え、有線ケーブルによる充電も可能だ。マウスパッドの素材は、表面が滑らかな合成皮革、裏面が滑りにくい合成スエード生地。色はブラック、ブルー、グレー、ブラウンの4種類がある。