全1110文字
PR

 ステイホームが常態化し、テレワークや巣ごもりに適したデジタルグッズの進化が止まらない。外の音も聞こえる骨伝導式ヘッドホン、さまざまな定型的な操作を登録できるキーボードなど、新しいニーズを捉えた注目製品を厳選して紹介する。

液晶上部のスペースを小物置きとして活用
液晶上部のスペースを小物置きとして活用
ディスプレイ上部に乗せ、背面で支える形だ
[画像のクリックで拡大表示]

 ディスプレイの上にあるスペースを棚として使うためのボード。カレンダーや文房具、充電器などの小物を設置できる。設置はとても簡単だ。ボードにある段差を、ディスプレイの上にある縁に引っ掛け、ボードの下に伸びるアームでディスプレイ背面を支えるようにして固定する。耐荷重は1kg。注意したいのは、ディスプレイの角度の調整。あまり傾けると本体の固定が外れる恐れがある。

スマホやパソコンの画面をMiracastでワイヤレス送信
スマホやパソコンの画面をMiracastでワイヤレス送信
[画像のクリックで拡大表示]

 HDMI端子を備えたディスプレイやテレビと、パソコンをWi-Fiで接続するアダプター。ディスプレイのHDMI端子とUSB端子(電源供給用)を挿せばWi-Fiでつながる。最大表示解像度は3840×2160ドット(30Hz)。

パソコンで使えるSwitch用充電器 HDMI出力にも対応
パソコンで使えるSwitch用充電器 HDMI出力にも対応
[画像のクリックで拡大表示]

 USB Power Delivery対応の充電器。HDMI端子も備えており、1台でUSB機器の充電とマルチディスプレイを両立できる。もともとは、ゲーム機「Nintendo Switch」向けの製品だが、パソコンでも利用可能だ。

手軽に設置できる卓上用パーティションブース
手軽に設置できる卓上用パーティションブース
ディスプレイ回りを手軽に囲うことができ、パソコンを使った作業に集中できるようになる
[画像のクリックで拡大表示]

 机やテーブルに置いて使うパーティションブース。周囲が気になって作業に集中できない場合や、外光が明る過ぎて画面が見づらい場合に利用する。使わないときは折り畳んで収納しておける。背面の中央を押し込み、天板の中央部分を折り曲げると、板のような平面状になる。材質はフェルトで、吸音効果がある。周囲の音をある程度は遮ることができるという。