全993文字
PR

 パソコンをマルチ画面化して、作業効率をアップさせるモバイルディスプレイ。一般的な液晶ディスプレイよりも薄型軽量なため、必要なときだけ取り出して、使い終わったら片付けられるのが大きな利点です。本特集では、モバイルディスプレイの特徴から使い道、製品選びまでを解説します。

 ここからは、モバイルディスプレイを選ぶときに確認したいポイントを見ていく。まずは画面。サイズは売れ筋である15.6型を筆頭に、ひと回り小さい13.3型や14型、逆にひと回り大きな17.3型が主なサイズとなる(図1)。当たり前だが、小さくなるほど持ち運びに向き、逆に画面の見やすさは画面が大きくなるほど増す。その点で15.6型は中庸でバランスが良い。

1 画面サイズと仕様 13.3型から17.3型が主要なサイズ
1 画面サイズと仕様 13.3型から17.3型が主要なサイズ
図1 モバイルディスプレイの主流は13.3型から17.3型の画面サイズ。一般的なスタンダードノートと組み合わせるなら、同じサイズの15.6型がイチ推し。持ち運び重視なら13.3型や14型、大画面がいいなら17.3型が選択肢になる
[画像のクリックで拡大表示]

 解像度はフルHDが主流。4K対応もあるが、実売価格はやや高くなる。実用上、フルHDであれば十分だろう。表面処理は2つあり、非光沢のノングレアと光沢のグレア(図2)。一般的にグレアは発色が良く、写真や動画の表示に向く。ノングレアは色合いが地味だが、映り込みが少なくて環境を問わず使いやすいのが特徴だ。このほか図3に挙げた仕様も事前に確認したい。

解像度やパネルの仕様も注目
解像度やパネルの仕様も注目
図2 一般的なモバイルディスプレイの解像度はフルHDの1920×1080ドット。一部だが、4K(3840×2160ドット)の製品も選べる。画面表面の仕様も、ノングレア(非光沢)とグレア(光沢)の2種類。発色はグレア、映り込みの少なさはノングレアに分がある
[画像のクリックで拡大表示]
図3 図2で挙げた以外の選択ポイントをまとめた。パネルの種類や応答速度は視野角や残像に影響する。またコントラスト比、輝度、HDR、フリッカーフリーといった仕様や機能も見やすさを左右する
図3 図2で挙げた以外の選択ポイントをまとめた。パネルの種類や応答速度は視野角や残像に影響する。またコントラスト比、輝度、HDR、フリッカーフリーといった仕様や機能も見やすさを左右する
[画像のクリックで拡大表示]