「出社していたときに比べて社内のコミュニケーションは不足しがちになっている」。新型コロナウイルス対策として在宅勤務を中心としたテレワークを進めている企業ではこうした課題に直面しがちだ。

 コロナ下2年目に入った今も、テレワークに取り組むビジネスパーソンにとってコミュニケーションは大きな課題だ。日経BP 総合研究所 イノベーションICTラボが2021年4月に実施した「働き方改革に関する動向・意識調査」によると、テレワークを利用する際に不便・不安と感じる点や阻害要因で最も多かったのは、「同僚(上司や部下を含む)とのコミュニケーションに支障がある」で48.9%だった。2020年10月に実施した前回調査と同じく最も多い要因になっている。

 コミュニケーションの課題を解決しなければ「日々の業務を円滑に進めることができない」「新入社員をはじめとする部署の新人が取り残される」「雑談が減って新しいアイデアが生まれにくくなる」「社員の一体感が欠如する」といった影響が出てきてしまう。

 参考になるのが、コロナ対策で大規模にテレワークを積極的に推進しているテレワーク先進企業や、テレワーク環境下の企業動向に詳しい専門家のノウハウだ。そこで本特集では、大規模テレワークに取り組む企業が講じるコミュニケーション不足の解決策を紹介する。不足しがちなコミュニケーションは多岐にわたる。解決策もコミュニケーションの種類に応じて見ていこう。