全672文字
PR

 大雨による法面崩壊で閉鎖中の横浜横須賀道路逗子インターチェンジ(IC)について、供用再開までに約3カ月かかる見通しとなった。東日本高速道路会社が2021年7月19日に明らかにした。応急対策として不安定な土砂を撤去し、道路沿いに防護壁などを設置する。7月16日に開いた有識者による検討委員会(委員長:太田秀樹・中央大学研究開発機構教授)で被災状況を確認し、今後の復旧工事の方針などを検討した。

法面崩壊後の様子(写真:東日本高速道路会社)
法面崩壊後の様子(写真:東日本高速道路会社)
[画像のクリックで拡大表示]

 7月3日午前8時ごろ、大雨の影響で逗子IC出口付近の法面が崩壊し、料金所と逗葉新道を結ぶ連絡路が土砂で埋まった。法面の勾配は1対1.2で、砂岩泥岩互層が流れ盤となって分布している。崩壊現場では流れ盤に沿った滑り面が確認された。

 付近にある横須賀ICの雨量計で、7月3日午前9時までの24時間雨量が過去10年で最大の198.5mmを記録した。大雨で地下水位が上昇し、法面が不安定になって崩壊したとみられる。

逗子IC付近の崩壊箇所全景。2021年7月6日撮影(写真:アジア航測・朝日航洋)
逗子IC付近の崩壊箇所全景。2021年7月6日撮影(写真:アジア航測・朝日航洋)
[画像のクリックで拡大表示]
復旧作業の様子(写真:東日本高速道路会社)
復旧作業の様子(写真:東日本高速道路会社)
[画像のクリックで拡大表示]

 詳細な現地調査を要する本復旧には時間がかかるので、応急対策を先行して逗子ICの供用再開を急ぐ。法面の上の高台に立つ住宅の安全確保のため、宅地と法面との間に杭を打設して変状を防止。法面に残っている不安定な土塊を取り除き、その下の崩壊土砂を除去する。さらに、連絡路と法面との間にH形鋼を打ち込んで防護壁を設置する。

 作業の安全確保のため、現地に伸縮計や水位計などを設置して状況を監視している。応急対策後の本復旧工事については、崩壊部の測量や土質調査などを実施したうえで検討する。

■変更履歴
空撮写真を追加しました。[2021/07/26 11:00]