全3031文字
PR

 ドイツPorsche(ポルシェ)は2021年10月、世界で9番目となる私設サーキット「ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京」(PEC東京)を千葉県木更津市にオープンした。1周2kmのハンドリングコースやオフロード、ドリフトサークルなど様々なコースを備えた施設で、世界で初めて自然の地形を利用した「3次元レイアウト」となっている(他は全て「2次元」の平面施設)。

スポーツカーで公道を「かっ飛ばす」ことは「世間的」に許されなくなる
スポーツカーで公道を「かっ飛ばす」ことは「世間的」に許されなくなる
(出所:ポルシェ)
[画像のクリックで拡大表示]

 ポルシェオーナーはもちろん、そうでない方も利用することができ、いずれも施設側で用意するポルシェ各モデルを90分間借りだして好みのコースを思う存分に楽しむという仕組みだ。筆者も一通りのコースを最新の「911」で体験したが、インストラクター=先生の指導のもと、ドライビングの基礎を学ぶことができるという点で、これ以上のプログラムは日本で他にないと思うほど濃くて楽しいものだった。

 そのほか同じ房総半島には高級輸入車販売の老舗コーンズモータース(東京・港)もアジア初となる会員制プライベートサーキットを建設中だし、トヨタ自動車は富士スピードウェイを起点にモータースポーツ関連施設の充実を図っている最中だ。

 メーカーやインポーター、そして販売代理店までが「クローズドコース」を手掛ける真意はいったいどこにあるのか。それぞれの立場によって色々な理由が考えられるわけだけれども、大局的には一つの大きな目的があるように思う。高性能車を「造る・輸入する・売る」側は今後一層、買ったクルマを走らせる機会を顧客に与える責任を果たしていかなければならない、ということだ。

私設サーキット内であれば、周りを気にせずにフル加速も思いのまま
私設サーキット内であれば、周りを気にせずにフル加速も思いのまま
(出所:ポルシェ)
[画像のクリックで拡大表示]