全1734文字
PR

米Appleが2021年5月に発売した新型「iPad Pro」の液晶パネルで採用したミニLEDバックライト。その動作や実装を分析するために、本製品を分解していく。今回は、ミニLEDバックライトのみを点灯させて動作を確認し、駆動制御の様子などを観察する。

 前回は、米Apple(アップル)が2021年5月に発売した新型の「iPad Pro」の中でもミニLEDバックライトを搭載した液晶ディスプレー(以下、ミニLED品)採用したiPad Pro(2021年モデル)の12.9インチ版(以下、iPad Pro(2021))の表示性能を評価し、ディスプレー部分まで分解を進めて、ミニLEDバックライトを露出させた。続いて、ミニLEDバックライトのみを点灯させて動作させていく。

 シート群を取り外すとミニLEDバックライトが露出できたので、その状態でディスプレーを閉じてコネクターをつなぎ、改めて電源を入れる。すると、青色の単色LED群を点灯させながら、無事にホーム画面を表示できた(図1)。

図1 シート群を取り外して再び電源ON
図1 シート群を取り外して再び電源ON
6枚のシートを取り外した後、元の形に収めてコネクターを再接続し電源を入れると、液晶に画面が表示された。タッチパネルも動作するものの、バックライトが青いため識別しにくい部分があるほか、発光するLEDの点が目立っていた。(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 表面のタッチパネルセンサーも有効で、パスコードの入力やフリック操作ができ、暗室で評価した際に用いた画像ファイルを開くことも可能だった。まずは黒背景にテキストを重ねた画像を表示した状態で、どのようにバックライトが点灯しているか確かめるため、目的の画像を表示したままディスプレーを再び剥がしていく。(図2

図2 画面を表示させたまま液晶を外す
図2 画面を表示させたまま液晶を外す
電源が入った状態で再び液晶を外していく。ミニLED全面がバックライト点灯状態の検証用に、黒背景にテキストを重ねた画像を画面に表示したまま実施した。(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 持ち上げる際に急に動かすとコネクターが外れるほか、異常と検知するのか画面もバックライトも消えてしまう場合があったので、ゆっくり慎重に液晶部分を持ち上げる。すると、ついにテキスト画像を表示している際のバックライトの点灯パターンを確認することができた(図3)。ちょうど文字に重なる部分のミニLEDが発光していた。

(a)ゆっくりとパネル部を持ち上げる
(a)ゆっくりとパネル部を持ち上げる
[画像のクリックで拡大表示]
(b)点灯したバックライトを確認
(b)点灯したバックライトを確認
[画像のクリックで拡大表示]
図3 ミニLEDバックライトを光らせたまま観察
バックライト裏のコネクターが外れないようにゆっくりパネル部を持ち上げていくと、点灯した状態のバックライトを確認できた(a、b)。(写真:日経クロステック)

 この状態でもタッチパネルセンサーが有効なため、以下の動画のように画面側をうっかり触ってしまうと開いていた画像が閉じてホーム画面に戻る。ホーム画面ではミニLEDバックライト全面が発光することも合わせて確認できた。