全1614文字
PR

 休日に動画サイトを眺めていたら、全周囲の写真や動画を撮影できる360度カメラに興味が湧いた。価格帯を調べてみると、安い機種なら2万2000~3万3000円(税込み、以下同)程度、4K以上の高解像度機でも5万5000円程度で購入できるようだ。

 そこで物は試しと、中国・深圳嵐鋒創視網絡科技(Shenzhen Arashi Vision)の「Insta360 ONE R」という360度カメラを購入した。

360度カメラ「Insta360 ONE R」は、カメラ本体の全周囲を撮影できる。外観は通常のアクションカメラのようだ
360度カメラ「Insta360 ONE R」は、カメラ本体の全周囲を撮影できる。外観は通常のアクションカメラのようだ
(撮影はスタジオキャスパー、特記以外は以下同)
[画像のクリックで拡大表示]

 360度カメラは本体の前後に複数の超広角レンズを搭載し、それらの映像のリアルタイム合成により全周囲の撮影を可能にする。同種の製品は「Insta360 ONE X2」やリコーの「THETA」シリーズ、ベクノスの「IQUI」などスティック形状の製品が多い。

 一方、Insta360 ONE Rはアクションカメラのような形状であり、この点に引かれた。本体はレンズ、コア、バッテリーが分離するモジュール方式を採用し、用途に応じてレンズやバッテリーを交換できる。

 レンズは360度レンズモジュールのほかに、アクションカメラ機能を搭載した4K広角レンズモジュールや、ライカレンズを搭載した1インチの広角モジュールがあり、本体とのセット品が用意されている。

 筆者が購入した「Insta360 ONE R ツイン版」(Insta360公式ショップの税込み販売価格は5万9400円)は360度撮影モジュールのほかに、4K広角レンズモジュールが付属してアクションカメラにもなる。360度カメラに飽きても、使い道がありそうだ。

レンズ、コア、バッテリーと分離でき、用途に応じてレンズやバッテリーを交換できる
レンズ、コア、バッテリーと分離でき、用途に応じてレンズやバッテリーを交換できる
[画像のクリックで拡大表示]