全1614文字
PR

 360度カメラは全周囲を撮影するため、視点を自由に動かせるVR(仮想現実)写真やVR動画の制作に向くが、普通の写真や動画の撮影にも便利だ。全周囲を撮影しておいて、必要な部分を後から切り出せるからだ。誰かに依頼されて撮影したとき、その人が求める画角の写真を提供できる。

 Insta360 ONE Rに対応する360度撮影モジュールの解像度は静止画が最大6080×3040ドット、動画が最大5760×2880ドットだ。これだけの解像度があれば、フルHD(1920×1080ドット)程度の写真や動画を切り出しても、さほど粗くならない。写真や動画の切り出しは、スマートフォンやパソコン用のアプリが用意されており、簡単な操作で処理できた。

360度カメラはレンズの全周囲を撮影する。当然、撮影者も写り込む
360度カメラはレンズの全周囲を撮影する。当然、撮影者も写り込む
(撮影:筆者)
[画像のクリックで拡大表示]
パソコン用アプリ「Insta360 Studio」の画面。動画の切り出しや組み合わせ、映像の補正などが可能だ
パソコン用アプリ「Insta360 Studio」の画面。動画の切り出しや組み合わせ、映像の補正などが可能だ
(出所:パソコン用アプリの画面を筆者がキャプチャー)
[画像のクリックで拡大表示]
Insta360 ONE Rによって全周囲360度を撮影した動画から切り出した写真。撮影モジュールは解像度が高いため、画像はさほど粗くならない
Insta360 ONE Rによって全周囲360度を撮影した動画から切り出した写真。撮影モジュールは解像度が高いため、画像はさほど粗くならない
(撮影:筆者)
[画像のクリックで拡大表示]

 「Insta360 自撮り棒」を使うとInsta360 ONE Rが認識し、写真や動画に写り込んだ自撮り棒を自動で消せる。自撮り棒がタイルの模様や窓の枠にかぶった場合でも違和感なく消える。この自撮り棒を長く伸ばすと、ドローンで撮影したかのような写真や動画を簡単に撮影できる。