全4682文字
PR

 スマートフォンと連携する腕時計「スマートウオッチ」が普及しつつある。多くのメーカーから機能が異なる様々なデザイン製品をリリースしていて、数千円で買えるものから10万円を超えるものまで価格帯も広い。初めて購入する人はどのモデルを選ぶべきかを迷うだろう。

 結論を先に言えば、基本的にはどのモデルを買ってもOKだ。最新モデルならどれも必要最低限の機能を備えていて、最初にどれを買っても不満に感じることは少ないだろう。どれも似たり寄ったりなところがあって、それゆえに迷うのかもしれない。

 それでも買って後悔はしたくない。そう思う人に向けて、スマートウオッチ最新モデルの選び方を6つのポイントに分けて解説しよう。

スマートウオッチの最新モデル
スマートウオッチの最新モデル
(撮影:村元 正剛、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

ポイント1:バンドも選択肢に加えよう

 最初のポイントは、選択肢に「スマートバンド」を加えることだ。

 腕時計型のスマートウオッチに対して、リストバンド型のスマートバンドと呼ばれる製品もある。スマートバンドは「フィットネストラッカー」と呼ばれることもあり、活動量や心拍数などの計測を主目的としている。小型のディスプレーを搭載するモデルが主流で、スマートウオッチよりも小型で軽量だ。

スマホと連携させて多彩な機能を使えるスマートウオッチ
スマホと連携させて多彩な機能を使えるスマートウオッチ
[画像のクリックで拡大表示]
フィットネス機能がメインのスマートバンドは大画面化と多機能化が進んでいる
フィットネス機能がメインのスマートバンドは大画面化と多機能化が進んでいる
[画像のクリックで拡大表示]

 スマートバンドの中には比較的大きなディスプレーを搭載し、スマートウオッチと同等の機能を備えるものもある。例えば、中国・小米科技(Xiaomi、シャオミ)の「Mi スマートバンド 6」は1.56インチのカラーディスプレーを搭載し、血中酸素レベルを測定する機能まで備えている。米Fitbit(フィットビット)の「Fitbit Charge 4」は、電子マネー「Suica」が使える機種も発売されている。スマートウオッチをどう使いたいかという用途によっては、スマートバンドも選択肢に加えるべきだ。

コンパクトながら、スマートウオッチと同等の機能を備える「Mi スマートバンド 6」の実売価格は5980円
コンパクトながら、スマートウオッチと同等の機能を備える「Mi スマートバンド 6」の実売価格は5980円
[画像のクリックで拡大表示]

 ただし、スマホに届いた通知を確認したり、スマホをかばんやポケットから取り出すことなくスマホのアプリを使ったりしたいという人には、画面が大きいスマートウオッチが有利だ。例えば、米Apple(アップル)のApple WatchのGPS+Cellularモデルなら、ウオッチだけで電話をかけたり、メッセージを送信したりもでき、腕時計型のスマートフォンのように使うこともできる。

iPhoneにように画面をタッチして様々なアプリを利用できるApple Watch。最上位のSeries 6は4万7080円~。現行機種で最も安いSeries 3は2万1780円~
iPhoneにように画面をタッチして様々なアプリを利用できるApple Watch。最上位のSeries 6は4万7080円~。現行機種で最も安いSeries 3は2万1780円~
[画像のクリックで拡大表示]