全1006文字
PR

 仕事もプライベートもネット漬けの昨今、さまざまな場面で皆さん、“困った”を抱えているはず。ちょっとした工夫で解決できるものも少なくない。具体的に見ていこう。

トラブル 何度更新してもウェブサイトのエラーが続く

 ウェブページの読み込み失敗が続くなら、ブラウザーに保存されたキャッシュやクッキーが犯人かもしれない(図1)。最初に試したいのが、キャッシュを無視して読み込む「スーパーリロード」だ(図2)。これで直ればキャッシュが原因なので、削除すれば解決する(図3)。

原因はキャッシュやクッキーかも
原因はキャッシュやクッキーかも
図1 特定のウェブページの読み込みに失敗したり、表示が乱れたりする場合は、ブラウザーの更新ボタンを押すのが定石だが、何度更新しても改善しない場合もある。原因はブラウザーに保存されているキャッシュやクッキーの可能性がある
[画像のクリックで拡大表示]
犯人がキャッシュならリロードか削除
犯人がキャッシュならリロードか削除
図2 ChromeもEdgeも「Ctrl」+「Shift」+「R」キーを押すと、キャッシュを無視して再読み込みが実行される。これを一般的に「スーパーリロード」と呼ぶ。画像やページの体裁を指定する「CSS」などを新たにダウンロードし直す
[画像のクリックで拡大表示]
図3 ブラウザーのキャッシュを削除するなら、「Ctrl」+「Shift」+「Delete」キーを押すと、閲覧データの削除画面が現れる(1)。削除対象の期間を指定し、「キャッシュされた…」にチェックを入れて「データを削除」を押す(2)〜(4)。これで指定期間の全サイトのキャッシュが削除される。画面はChromeだがEdgeでもほぼ同様だ
図3 ブラウザーのキャッシュを削除するなら、「Ctrl」+「Shift」+「Delete」キーを押すと、閲覧データの削除画面が現れる(1)。削除対象の期間を指定し、「キャッシュされた…」にチェックを入れて「データを削除」を押す(2)〜(4)。これで指定期間の全サイトのキャッシュが削除される。画面はChromeだがEdgeでもほぼ同様だ
[画像のクリックで拡大表示]