全1694文字
PR

 2021年7月23日に幕を開けた東京五輪。しかし、コロナ禍によって開催国の日本にいる人々も多くはテレビやインターネットを通じて競技を観戦している。ほとんどの競技会場は、多くの観客が立ち入ることなく五輪を迎えることとなった。

 特に、“遺さないレガシー”である仮設競技会場は、五輪後は解体されて撤去や縮小され、レガシーとして触れることはできなくなる。そこで本連載はあえて、五輪会場の「仮設競技会場」に注目したい。

レインボーブリッジからビーチバレーボール競技会場を望む(遠景)。フジテレビ社屋近くの潮風公園に建設された(写真:山嵜 一也)
レインボーブリッジからビーチバレーボール競技会場を望む(遠景)。フジテレビ社屋近くの潮風公園に建設された(写真:山嵜 一也)
[画像のクリックで拡大表示]

 五輪開催が開催都市だけでなく国家ぐるみのイベントになっている今、競技会場の計画には大会計画やレガシー計画以上に、開催都市の都市計画や、開催国の国家観が如実に表れる。加えて仮設競技会場の場合は、常設競技会場では難しい敷地での設置が可能であり、競技中継の背景に開催都市の景観を映し出すこともできる。

 仮設競技会場を採用するには、「簡易」「安価」「短工期」といった施工面での利点以上に、開催都市のシティープロモーションとして大会後に寄与する戦略が求められる。仮設競技会場は五輪という都市型スポーツイベントの舞台でありながら、建築や都市、景観、経済、メディアなど様々な分野を横断するコンセプトを包含した施設なのだ。

大会直前の日の丸がたなびくビーチバレーボール競技会場。四方を観客席に囲まれた競技会場で、テレビ中継に映し出された東京の都市景観は、隣接するホテルの外観がわずかに見えただけだった(写真:山嵜 一也)
大会直前の日の丸がたなびくビーチバレーボール競技会場。四方を観客席に囲まれた競技会場で、テレビ中継に映し出された東京の都市景観は、隣接するホテルの外観がわずかに見えただけだった(写真:山嵜 一也)
[画像のクリックで拡大表示]

 筆者は12年に英国で開かれたロンドン五輪に、建築設計者として携わっていた。その背景から、東京五輪の招致決定後、日経アーキテクチュアで故ザハ・ハディド氏のインタビュー(13年)、ロンドン五輪(13年)、平昌冬季五輪(18年)、ロンドン五輪のレガシー(19年)、札幌冬季五輪の招致計画(20年)などをリポートしてきた。

2012年ロンドン五輪大会の様子。故ザハ・ハディド氏設計の水泳場には仮設観客席が加えられていた(写真:山嵜 一也)
2012年ロンドン五輪大会の様子。故ザハ・ハディド氏設計の水泳場には仮設観客席が加えられていた(写真:山嵜 一也)
[画像のクリックで拡大表示]
ロンドン五輪のレガシー。メインスタジアムは大会後に改修され、近隣のサッカーチームのホームスタジアムとして使用されている(写真:山嵜 一也)
ロンドン五輪のレガシー。メインスタジアムは大会後に改修され、近隣のサッカーチームのホームスタジアムとして使用されている(写真:山嵜 一也)
[画像のクリックで拡大表示]
18年平昌冬季五輪。仮設メインスタジアムは開閉会式のみ使用。大会後は撤去された(写真:山嵜 一也)
18年平昌冬季五輪。仮設メインスタジアムは開閉会式のみ使用。大会後は撤去された(写真:山嵜 一也)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回、東京五輪の競技場で筆者が最初に訪れたのは、東京・台場の潮風公園に設置されたビーチバレーボール競技会場(約1万2000人収容)だ。公園からはレインボーブリッジや芝浦エリア、竹芝の高層ビル群、東京タワーといった東京を代表する都市景観を望める。だが、会場内からはその景観を望めない。観客席が四方を囲っているからだ。

レインボーブリッジ、東京タワーが見える東京湾岸地区の景観に五輪マークが浮かぶ。ビーチバレーボール競技会場からは望めない(写真:山嵜 一也)
レインボーブリッジ、東京タワーが見える東京湾岸地区の景観に五輪マークが浮かぶ。ビーチバレーボール競技会場からは望めない(写真:山嵜 一也)
[画像のクリックで拡大表示]
2020年夏のビーチバレーボール競技会場。いったんは建設を保留していた経緯がある。しかし、1年後に無観客開催をするとは誰も予想できなかった(写真:山嵜 一也)
2020年夏のビーチバレーボール競技会場。いったんは建設を保留していた経緯がある。しかし、1年後に無観客開催をするとは誰も予想できなかった(写真:山嵜 一也)
[画像のクリックで拡大表示]

 本来、ビーチバレーボールは選手の頭上でボールを操る競技であるがゆえに、スローモーション映像にはローアングルから周囲の都市景観を映し出す絶好の機会となる。ビーチ(海岸)でなくても開催可能であり、都心部の方が開催都市の景観を映し出しやすい。

 例えば、12年ロンドン五輪では、観客席の一部を低くすることで大観覧車「ロンドンアイ」などの周辺景観を映し出した。24年に開催予定のパリ五輪では、エッフェル塔の足元にビーチバレー競技会場を設置し、ローアングルから都市のランドマークを映し出す計画だ。