全1514文字
PR

 技術開発や標準規格のアップデートに伴い、パソコンや周辺機器のスペックは複雑さを増し、本質的な違いが分かりにくくなっている。その違いで実際の便利さや使い勝手はどう変わるのか。周辺機器の最新スペックを見極める。

液晶ディスプレイは方式の違いがどう影響する?

 液晶ディスプレイが使用する液晶パネルには、仕組みの違いでいくつかの方式がある(図1)。パソコンでの主流はIPS方式だ。色の再現性が高く、画質が良いとされる。一方、VA方式は仕組み上、黒の表示が得意で、コントラスト比が高いことが特徴。TN方式は応答速度が高いことがメリットとなる。

液晶ディスプレイのパネルは主に3方式
液晶ディスプレイのパネルは主に3方式
図1 液晶パネルにはTN方式、VA方式、IPS方式の3種類がある。主流はIPS方式だ。高速なIPSパネルが開発されており、高リフレッシュレートの液晶ディスプレイもIPS方式が増えている
[画像のクリックで拡大表示]

 液晶ディスプレイの斜め方向からの見え方にも、方式の特性による違いがある。「視野角」として製品仕様に記載されることもあるが、この場合の視野角はコントラスト比が10:1を維持できる角度。10:1は表示内容がほぼ判別できない程度なので、「視野角はきちんと見える範囲のことではない」(EIZO企画部マーケティングコミュニケーション課の千早碧氏)という。

 視野角とは別に、斜めから見たときの色合いや明るさの変化も確認しておこう(図2)。ただし、これらについて指標となる数値はない。一般に、TN方式の液晶はこの変化が顕著だ。ノートパソコンの正面で操作する範囲なら不便に思うことは少ないが、他人に画面を見せる機会が多い用途では注意したい。できるだけ実機で確認した方がよい。

斜めからの見え方に大きな違い
斜めからの見え方に大きな違い
図2 視野角は斜めから見たときのコントラスト比を規定以上に維持できる範囲のこと。IPS方式とVA方式が広く、TN方式が狭い。そのほか、色合いの変化にも違いがある
[画像のクリックで拡大表示]

表示の「速さ」にも注目

 ゲーミングパソコンや液晶ディスプレイの上位機種では、表示の「速さ」をアピールする製品が増えている。この速さとは、主にリフレッシュレートと応答速度を指す(図3)。

「高速」な液晶ディスプレイとは
「高速」な液晶ディスプレイとは
図3 近年増えている高速な液晶ディスプレイは、リフレッシュレートと応答速度が高い。より細かく画面を切り替えることで滑らかな映像が得られる
[画像のクリックで拡大表示]

 競技性の高いゲームでは、高リフレッシュレートの液晶ディスプレイを使うことが好成績につながりやすい。リフレッシュレートが高いと画面が瞬時に切り替わるので、その分、ゲーム中に素早く反応して操作できるからだ。リフレッシュレートの高さを生かすための応答速度も、スペックとして重要視されている。

 速さのメリットはゲームだけにとどまらない。リフレッシュレートが上がると、低速では間引かれていた部分が表示されるようになり、滑らかに動いて見える(図4)。応答速度が上がると残像感も抑えられる(図5)。フレームレートの高い動画コンテンツの再生でメリットがある。

映像が滑らかになる
映像が滑らかになる
図4 画面の切り替えが細かく、速くなることで、映像が滑らかになる
[画像のクリックで拡大表示]
残像感が低減する
残像感が低減する
図5 画面の切り替えが高速だと、直前の画像が残ることによる残像感が減る
[画像のクリックで拡大表示]