全1651文字
PR

 技術開発や標準規格のアップデートに伴い、パソコンや周辺機器のスペックは複雑さを増し、本質的な違いが分かりにくくなっている。その違いで実際の便利さや使い勝手はどう変わるのか。Wi-Fiとネットワークのスペックを検証する。

Wi-Fi 6ルーターには速度以外のメリットもある

 無線LAN(Wi-Fi)はパソコンなどのIT機器に不可欠。数年ごとに高速化した新規格が登場している。最新規格は「Wi-Fi 6」であり、これまで通り上位互換なので、旧規格の機器と組み合わせても使える。パソコンやスマートフォンは、新製品から徐々に対応しつつある。たいていは、Wi-Fi 6対応の機種に買い替えたとき、Wi-Fiルーターも一緒に買い替えるべきかを思案するだろう。

 Wi-Fi 6は理論値で最大9.6Gbpsという通信速度の高さが特徴だ(図1)。しかし、これは規格上の最大値。今のところWi-Fi 6対応ルーターは最上位モデルでも理論値で最大4.8Gbpsまでとなっている。規格で定めた仕様の上限までを実装していないからだ。ちなみに、Wi-Fi 5(IEEE 802.11ac)も規格上の最大速度は6.9Gbpsだが、ルーターは最大1.7Gbpsのモデルが多い。

Wi-Fi 6の規格上の最大値と製品の最大値は別
Wi-Fi 6の規格上の最大値と製品の最大値は別
図1 Wi-Fi 6とWi-Fi 5の規格で、周波数帯、チャンネル幅、ストリーム数に応じた最大通信速度(理論値)。ただし、現在市販されているWi-Fiルーター製品は160MHzの8ストリームには非対応なので、Wi-Fi 6対応でも、4.8Gbps対応が最大となる。また、Wi-Fi 5規格では、多くの製品はチャンネル幅が80MHzまでになっている
[画像のクリックで拡大表示]

 Wi-Fi 6対応ルーターは上位機種から製品化が始まったため、当初は高価だった。現在は買いやすい価格帯の製品も豊富にある(図2)。

手ごろな価格のルーターも登場
手ごろな価格のルーターも登場
図2 1万円台のルーターも増えた。写真はバッファローの「WSR-5400AX6」(実勢価格は約1万6000円)
[画像のクリックで拡大表示]

 一方、子機になるノートパソコンでは最大2.4Gbpsの対応(160MHz、2ストリーム)の製品が多い。ストリーム数を増やすにはアンテナの本数を増やす必要があり、ノートパソコンの限られたサイズに内蔵するのが難しいためだ。Windows 10では、「設定」アプリの「ネットワークとインターネット」にある「Wi-Fi」の項目を開き、「ハードウェアのプロパティ」をクリックすると、接続中のWi-Fiの情報を確認できる(図3)。

ノートは最大2.4Gbpsが多い
ノートは最大2.4Gbpsが多い
図3 Windows 10で表示したWi-Fi情報の画面。パソコン側の仕様が2ストリームなので最大2.4Gbpsになっている
[画像のクリックで拡大表示]

 子機が最大2.4Gbpsでも、親機のルーターが最大4.8Gbpsになっていることには意味がある。4.8Gbpsなら4ストリームに対応しているため、2.4Gbps対応機器と接続しても2ストリームの空きがある。空いたストリームでほかの機器と接続できるため、速度低下が起こりにくい(図4)。

高速なルーターは機器が増えても速度が落ちにくい
高速なルーターは機器が増えても速度が落ちにくい
図4 子機が2.4Gbpsでも、4.8Gbpsのルーターはストリーム数が多いため、同時に通信している機器が増えても速度を維持しやすいメリットがある
[画像のクリックで拡大表示]