全826文字

 損害保険ジャパンは保険の最適な組合せを日立製作所のCA(CMOSアニーリング)マシンで高速に求められるかどうかを検証した。保険は規模が大きいほどリスクを下げられるため、取り扱う問題の規模が大きいのが特徴である。結果は10万契約規模の問題で、それまで利用していた遺伝的アルゴリズム(GA)の174倍も速い求解に見通しがついたという。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

【秋割開始】日経クロステック11月末まで無料
この機会をお見逃しなくお申し込みください


日経クロステックからのお薦め

【秋割開始】日経クロステック11月末まで無料