全2884文字

 日立製作所は「CMOSアニーリング」と呼ぶシミュレーテッドアニーリング(SA)の専用プロセッサーを最も早く開発したメーカーだ。ただし、CAはビット間の結合が疎結合で、カナダD-Wave Systemsのマシンと共通の課題を抱えていた。これを解決したのが「モーメンタムアニーリング(MA)」という技術。全結合だけでなく、並列化という点でもそれまでのSAの壁を打ち破った。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

【秋割開始】日経クロステック11月末まで無料
この機会をお見逃しなくお申し込みください


日経クロステックからのお薦め

【秋割開始】日経クロステック11月末まで無料