全3553文字
PR

 「子どもたちは大人顔負けの使い方をすることがありますよ」。学校教育の現場で米Google(グーグル)のGoogle for Educationや米Microsoft(マイクロソフト)のMicrosoft Educationを活用する小学校の教師はこう口をそろえる。

 1人1台のパソコン(PC)を貸与された児童・生徒の「学び」は、教師から与えられる情報を蓄積する既存の枠を超え、自らの興味関心に従って情報を収集し発信・共有するものに姿を変えている。その傍らには、デジタルツールをうまく取り入れて子どもたちの学びの可能性を広げるべく試行錯誤を繰り広げる、教師たちの取り組みが見える。

 「EdTech」というと教育に特化した特別な機能を備えるソフトウエアやサービスを思い浮かべるかもしれないが、いま学校の現場でもっとも活用が進んでいる「EdTech」はオフィスソフトなどのいわゆる汎用ツールだ。ライセンス体系などを教育機関向けに設定しているものの、GoogleスプレッドシートやMicrosoft Teamsのチャットなど、基本的に企業が使っているソフトウエアと同じだ。

学校生活の情報をオンラインで共有

 愛知県の春日井市立藤山台小学校では、児童の登校から授業前、授業中、休み時間、放課後の家庭学習に至るまで、一連の学校生活にGoogle for Educationを活用する。6年生のクラスを担任する久川慶貴教諭は、Google Classroomに1日の授業の流れを登録している。児童は登校するとまずChromebookを開き、その日の授業予定やそれに使うワークシートなどを確認する。久川教諭は「以前は漢字などの学習予定をプリントで配布していたが、紙だと修正の手間がかかる。Googleスプレッドシートに計画を入れておくことで、変更をすぐに児童と共有できるようになった」と変化を語る。

 授業の形も変化した。「(Chromebookと紙のノートの)どちらがよい、という先入観を植え付けたくない。自分で最適なツールを選択できる大人になってほしい」と久川教諭は話す。算数のように試行錯誤の過程が大切になる教科は紙のノートを推奨するなどしながら、教科の特性に応じてChromebookと紙のノートを併用する。教科の中では、例えば国語の作文において「一度紙に書いた文章の修正は児童にとっても手間だが、ファイル上であれば教師のコメントを反映してブラッシュアップしやすい」。久川教諭はこうした点にChromebookの効果を感じているとする。

児童の作文への加筆修正。履歴付きで児童が見たときに変更箇所が分かりやすい
児童の作文への加筆修正。履歴付きで児童が見たときに変更箇所が分かりやすい
(出所:春日井市藤山台小学校久川教諭)
[画像のクリックで拡大表示]

 春日井市では2020年、各校の校長や教頭、担任、教育委員会の担当者や、有識者である大学教授など60人以上が参加する情報部会のチャットルームを作成した。参加者は各校の取り組みについて情報を交換したり、そこで得た知見を学校内の勉強会で共有したりする。「教える」側の教師たちも自らがツールの使い方を体験し学びながら、児童・生徒に伝えているという。

 同じくGoogle for Educationを導入した神奈川県の相模原市立谷口台小学校では、Googleフォームを校内外の交流や学校行事に活用。佐藤司明教諭が担任する5年生のクラスでは、相模原市について学ぶ授業で、同じ市内にある他の小学校の5年生を対象にGoogleフォームでアンケートを実施した。相模原市が2021年4月16日に制定した「さがみはらみんなのシビックプライド条例」の認知度を調べるもので、700人程度の回答が集まったという。

 2020年度の運動会では4チームで競う応援合戦に対し、参観に訪れた保護者にどのチームの応援がよかったかをGoogleフォームで投票してもらった。校門などに投票フォームへアクセスできるQRコードを掲示し、保護者のスマートフォンなどで読み取る形で実現した。アンケートをデジタル化し「即座に集計できることで、教師の仕事が大きく効率化できた」(佐藤教諭)。

 佐藤教諭によると「子どもたちの間ではいま動画を作って発信するのがはやっている」という。同校では修学旅行で撮影した写真を動画にしてまとめたり、委員会活動のPRを動画にしたりして校内で配信している。修学旅行の記録を動画にしたいという要望は児童から上がったものだ。「教師が使える動画編集ツールの存在を教えたが、そこから先は児童が自主的に作成、編集している。新しい編集ツールも自分たちで見つけてくる」(佐藤教諭)

 同校では1年生から6年生まで体系立てて情報スキルを身につけるための「ICT活用標準スキル表」を作成。1年生はPCに慣れる、6年生はPCで資料を作成できるなどの基準を設ける。佐藤教諭は「同じ勉強をするのでも、『授業でPCを使う』と声をかけると喜んで取り組む児童が多い。あまり勉強が得意ではなかった児童が意欲的になったケースもある」と変化を語る。PCが導入されたことで、学習の幅の広がりを実感しているという。