全3014文字
PR

 2020年度から全ての小学校でプログラミング教育が必修化された。文部科学省は小学校におけるプログラミング教育を「プログラミングを体験しながら、コンピューターに意図した処理を行わせるために必要な論理的思考力を身に付けるための学習活動」と述べている。つまりコーディングスキルを習得するのではなく、物事を実現するために必要なプロセスを順序立てて考えていく「プログラミング的思考」を育てるのが狙いだ。

 では、児童がプログラミング的思考を育むには、どのような授業が有効なのか――。先行校の現場では、掃除ロボットやゲーム、専用ソフトウエアを使った取り組みが始まっている。これらの教材は単にプログラミング的思考を養うだけではない。社会的な問題の解決を考えたり、将来のシステム開発につながる体験をしたりする工夫が施されている。児童はどのような知識を習得できるのだろうか。具体的に見ていこう。

プログラミングで実生活の課題解決を考えられる

 「身近にある製品はプログラミングと実生活を結び付けやすい」。このように話すのは東京・板橋区にある私立学校、淑徳小学校の新井麻規子教諭だ。淑徳小学校では2020年秋から米アイロボット(iRobot)の日本法人であるアイロボットジャパンが提供するプログラミングロボット「Root rt1(ルート アールティーワン)」を試験導入。2021年の2学期から授業で本格的に活用する。

「Root rt1」を活用した授業の様子
「Root rt1」を活用した授業の様子
(出所:淑徳小学校、アイロボットジャパン)
[画像のクリックで拡大表示]

 Root rt1は同社のロボット掃除機「ルンバ」をモチーフにしている。PCやタブレットを使い専用アプリケーションでプログラムを組み、実機にBluetoothを使って転送する。プログラムが転送されたロボットはプログラム通りに走ったり、指定した色のLEDを光らせたり、音を奏でたりする。本体にペンを装着すれば線を描ける。また実機にプログラムを転送せずにアプリ上でロボットの動きをシミュレーションすることも可能だ。

 プログラミングの難易度は3段階あり、レベル1や2では指示したい動作が書かれたブロックを組み合わせるビジュアルプログラミングを採用する。レベル3ではプログラミング言語「Python(パイソン)」で記述する。

アイロボットジャパンが発売した「Root rt1」
アイロボットジャパンが発売した「Root rt1」
(出所:アイロボットジャパン)
[画像のクリックで拡大表示]

 淑徳小学校では小学3年生以上の児童を対象に、週1時間の「情報」の科目を設けている。これまでも「Scratch(スクラッチ)」などのビジュアルプログラミングのソフトウエアを活用し、情報の授業を実施していた。しかし「画面上でキャラクターが動いても、プログラミングが実生活にどういったメリットを与えるのか児童が考えづらかった」(新井教諭)という。