全2023文字
PR

 2021年9月1日、デジタル庁が発足した。「デジタル社会形成の司令塔として、未来志向のDX(デジタルトランスフォーメーション)を大胆に推進し、デジタル時代の官民のインフラを今後5年で一気呵成(かせい)につくり上げる」――。デジタル庁は公式サイトでその役割をこう宣言している。

 同日午前、加藤勝信官房長官は初代デジタル相に平井卓也デジタル改革相を、初代「デジタル監」に一橋大名誉教授の石倉洋子氏を充てる人事を発表した。デジタル監は事務方のトップであり、他の省庁の事務次官に相当する。デジタル庁で働く官僚と民間人、合計約600人を束ねる民間人最高ポストである。

 政府全体のIT予算を集約するなど、他省庁よりも1段高い権限を持つデジタル庁において、デジタル監は他省庁との調整を通じて霞が関全体にデジタル改革を浸透させていく役割をも担う。同日夕方に開かれたデジタル庁発足式において平井大臣は「石倉氏がこれまでの(経営学や企業経営などでの)経験と知恵をデジタル庁に注いでくれるということで、大変心強い。(デジタルの専門性がなくても)石倉氏はデジタルの良さをよく理解し、その良さを引き出す発想ができる人だ」と期待を語った。

初代デジタル監に就任した石倉洋子氏(右)と初代デジタル大臣に就任した平井卓也氏
初代デジタル監に就任した石倉洋子氏(右)と初代デジタル大臣に就任した平井卓也氏
(撮影:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 石倉氏は「私はデジタルの専門家でもエンジニアでもない。ただしデジタルのような新しいことは一通り体験している」と話した。「挑戦したPythonのプログラミングは現在のところ脱落しているが、試しながら前進していくデジタルならではのプロセスを実感として学んだ」と続け、貪欲に吸収しながらデジタル監の業務に取り組む姿勢を見せた。

 デジタル監は菅義偉首相肝煎りのデジタル庁の事務方トップとして重責を担う。石倉氏に決着するまでその人事は迷走した。

複数いた候補者

 2021年8月6日、初代デジタル監に関する報道が世間を騒がせた。ITベンチャーであるデジタルガレージの共同創業者である伊藤穰一氏が就任する方向で政府が最終調整に入ったと報じられたのだ。

 政府関係者は「報道直後に人事は白紙に戻った」と明かす。スクープ報道は伊藤氏起用の案が見直され始めていた時期に、白紙撤回を決定付ける格好の材料となったようだ。