全600文字
PR

 行政デジタル化の司令塔を担うデジタル庁が2021年9月1日に発足した。同日夕、デジタル庁が入居する東京・千代田の複合施設「東京ガーデンテラス紀尾井町」と首相官邸、デジタル庁職員らをオンライン会議システムでつなぎ、発足式が実施された。

 デジタル庁は菅義偉首相の肝いりで設置。トップは首相が務め、首相を補佐する役割としてデジタル相、一般的な省庁の事務次官に相当する事務方トップとしてデジタル監を置く。菅首相は発足式で、新型コロナウイルス感染症対策で浮き彫りになったデジタル化の遅れを挙げ、「立場を超えた自由な発想でスピード感を持ち、我が国全体をつくり替えるくらいのつもりで取り組んでほしい」とあいさつをした。

 初代デジタル相にはデジタル改革担当相としてデジタル庁発足の準備をしてきた平井卓也氏、事務方トップのデジタル監には一橋大名誉教授の石倉洋子氏が就任した。石倉氏は「私の理解ではデジタルはいろいろな境界を越えること」としたうえで、「デジタル庁が国境や組織、年代を超えて進めていく仕事ができれば」と述べた。

デジタル庁の発足式の様子
デジタル庁の発足式の様子
撮影:日経クロステック
[画像のクリックで拡大表示]

  デジタル庁は約600人体制で発足した。このうち約200人は民間出身者を採用した。民間出身者の幹部には、政府CIO補佐官を務めた楠正憲氏が統括官に就任し、デジタル社会共通機能グループのグループ長を務める。デジタル審議官には経済産業省でスマートシティー政策などを進めてきた赤石浩一氏が就任した。