全647文字
PR

 長期化する新型コロナウイルス感染拡大。世界中で進む、SDGs(持続可能な開発目標)への取り組み。産業構造が大きく変化する中で、2022年に飛躍が見込まれるのはどんな業界なのか。『日経業界地図 2022年版』から、要注目分野の「業界地図」を紹介する。今回は、燃料電池の業界地図を見ていこう。

「燃料電池」のポイント
  • トラック・バス用を中心に需要が拡大
  • 中国企業は部品の内製化を進める
[画像のクリックで拡大表示]

 水素と酸素を反応させることで電力を取り出す発電システムのこと。発電効率の高さが強みで、自動車から自家発電まで用途が広い。日本の家庭用燃料電池は統一名称で「エネファーム」と呼ばれる。

最近の動向

 調査会社の富士経済(東京・中央)によると、2020年度の世界の燃料電池市場は3278億円となる見込み。19年度比で20%以上増加する見通し。燃料電池車(FCV)や燃料電池バスなどの市場が拡大している。

 日本国内では家庭用燃料電池である「エネファーム」を中心に普及が拡大する。ただ、補助金の減額により、今後の成長は緩やかになるとみられる。

 FCVでは、韓国の現代自動車の「NEXO(ネッソ)」の販売が伸び、市場が拡大する。トヨタ自動車は20年12月、新型の「MIRAI(ミライ)」を投入した。20年代前半にかけて、「MIRAI」の欧州展開、欧州や中国の自動車メーカーのFCV投入が予想され、市場拡大の継続が見込まれる。

 富士経済は世界の燃料電池市場が30年度に19年度比の18.5倍にあたる4兆9581億円にのぼると予測する。

(出所)日本経済新聞社調べ
(出所)日本経済新聞社調べ
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【秋割開始】日経クロステック11月末まで無料


日経クロステックからのお薦め

【秋割開始】日経クロステック11月末まで無料
『アカン!DX』

『アカン!DX』

日本企業と行政のDXの隠れた大問題を見える化!

DXブームは既に腐り始めている――。人気コラム「極言暴論」「極言正論」の筆者が、日本企業や行政のDXの問題点をずばり指摘する。経営者から技術者までDXに取り組むすべての人の必読書!

書籍『アカン!DX』の詳細はこちら

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

“特等席”から未来づくりの最前線を追う仕事です

あなたの専門知識や経験を生かして、「日経クロステック」の記事や書籍の企画、取材・執筆・編集を担う編集記者(正社員)にトライしませんか。編集の経験は問いません。コミュニケーション能力が高く、企画力や実行力があり、好奇心旺盛な方を求めています。

詳しい情報を見る

日経BPはエンジニアや企画・営業も募集中