全4598文字
PR

ストレージは高速なSSDがお薦め

 パソコンのストレージはハードディスク(HDD)とソリッドステートストレージ(SSD)の2種類があり、それぞれ一長一短だ。HDDは安価だがSSDよりかなり低速。SSDはかなり高速だがHDDよりも高価だ。SSDはランダム読み書き速度がHDDよりも圧倒的に速いため、Windowsやアプリの起動などといった体感速度がかなり向上する。今パソコンを買うなら、是が非でもSSDを選びたい。

 SSDのインターフェースにはNVMe(Non-Volatile Memory Express)とSerial ATA(SATA)の2種類がある。NVMeは伝達にPCI Expressを使うので高速だ。製品によっては読み書き速度が最大秒間5GB/秒を超えるものもある。だが、SATAよりも高価だ。一方、SATAは転送速度が600MB/秒程度で頭打ちとなり、速度は不利。だが、NVMeよりも安価だ。

 パソコンの製品仕様では「M.2 NVMe」などと記載される。この「M.2」は接続端子の規格名を示す。M.2と記載されていたら基板タイプのSSDが搭載されていることを示す。なお、M.2タイプのSSDにはSATAの信号線で接続する「M.2 SATA」もある。この場合はM.2 NVMeよりも速度が出ない。SATAのSSDにはHDDと同じ形状の2.5型タイプもある。

SSDはM.2 NVMeが高価だが最も高速。選ぶならこのSSDを搭載するパソコンを選びたい
SSDはM.2 NVMeが高価だが最も高速。選ぶならこのSSDを搭載するパソコンを選びたい
(写真はスタジオキャスパー、以下同)
[画像のクリックで拡大表示]

USBは規格や端子数で比較

 パソコンのUSBは、端子の形状だけで規格を判別できない。USB端子の仕様や付近に書いてある記号で規格を調べて、機能を判断しよう。

 パソコンに備えられてるUSB端子は、USBタイプAとUSBタイプCの2種類。USBタイプAは角形で広く使われており、多くの人が想像するUSB端子は、この形状だろう。USBタイプCは長円形で、どちらの向きでもコネクターを挿せる。USBタイプC端子はUSB端子だけでなく、USB PDによるパソコンの充電端子やThunderbolt端子としても活用される。注意したいのはUSBタイプC=USB 3.0以降の端子ではないということ。実装はパソコンによって異なり、中には端子の形状がUSBタイプCでも、内部信号がUSB 2.0の場合もある。

現在パソコンにはUSBタイプC(左)と、USBタイプA(右)の2種類のUSB端子がある。端子の形状でその端子の機能は分かりにくい。写真のようにパソコンによっては端子付近にアイコンが記載されているため、それで判別できる
現在パソコンにはUSBタイプC(左)と、USBタイプA(右)の2種類のUSB端子がある。端子の形状でその端子の機能は分かりにくい。写真のようにパソコンによっては端子付近にアイコンが記載されているため、それで判別できる
[画像のクリックで拡大表示]

 USBの規格はUSB4が最新規格だが、主流はUSB 3.xである。

 USB 3.0と同3.1、同3.2の3種類があるが、その関係性はかなりややこしい。USB 3.0からUSB 3.1で10Gbpsに、USB 3.1からUSB 3.2で20Gbpsにそれぞれ最大転送速度を拡張した。

 USB 3.1登場時に従来のUSB 3.0を「USB 3.1 Gen 1」、USB 3.1で登場した10Gbps対応の端子を「USB 3.1 Gen 2」とした。その後、USB 3.2が登場すると、USB 3.1 Gen 1を「USB 3.2 Gen 1x1」に、USB 3.1 Gen 2を「USB 3.2 Gen 2x1」と改名し、新しく策定され20Gbps対応の端子を「USB 3.2 Gen 2x2」としている。つまり、USB 3.0とUSB 3.1 Gen 1とUSB 3.2 Gen 1x1、USB 3.1 Gen 2とUSB 3.2 Gen 2x1は全く同じ端子を意味する。製品の登場時期によって、パッケージや製品仕様にはそれらの単語が混在しており、見分けにくいので注意したい。

USBの規格ごとの最大転送速度と利用端子
USBの規格名はUSB4からスペースが入らない名称に変わった
規格名 最大転送速度 利用端子
USB4 40Gbps タイプCのみ
USB 3.2 USB 3.2 Gen 2x2 20Gbps
USB 3.2 Gen 2x1(USB 3.1 Gen 2) 10Gbps タイプC、タイプA、マイクロUSBなど
USB 3.2 Gen 1x1(USB 3.1 Gen 1)(USB 3.0) 5Gbps
USB 2.0 480Mbps
■変更履歴
公開当初、写真のキャプションに「mouse 5K」とありましたが、正しくは「mouse K5」です。おわびして訂正します。本文は修正済みです。 [2021/9/6 19:00]