全1488文字

 山岳トンネル工事では、コンクリートの吹き付けのように切り羽付近に重機を据えて施工する作業が多い。その場合、重機の位置情報をリアルタイムに得なくても、作業の開始前にトンネルとの相対的な位置関係を計測しておけば制御できる。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い